PUBLICITY REPORT

2008年1月7日

ワタベウェディング株式会社 2008年年始式 - 社長メッセージ -

ワタベウェディング株式会社【本社:京都市、資本金41億7,624万3,000円、東証・大証一部上場、代表取締役 渡部 隆夫】では、2008年(平成20年)1月4日(金)、年始式を執り行ないました。
年始式における当社社長メッセージの概要は次のとおりです。

【社長メッセージ/概要】

■ 本年は創業55周年の節目の年
・当社は本年創業55周年を迎える。この節目の年を「会社構造の改造」で力強く前進していく。
・当社は、戦後まもなくよりボランティアとして活動していた婚礼衣裳のレンタルを礎に、1953年(昭和28年)、「貸衣裳」を本業として創業。
創業10周年には会社組織に改組。
20周年には米国・ハワイ州に海外店第1号店となるホノルル店を開設。
30周年には当社のCI(コーポレートアイデンティティ)・経営理念として『ワタベワールド』制定。
40周年には中華人民共和国・上海市にウェディングドレス製造工場を設立。
50周年には東証第一部及び大証第一部に昇格、目黒雅叙園の経営開始。
と、ほぼ10年サイクルで、大飛躍をもたらす各種戦略を実施し、確実に業績を伸ばしてきた。


■ ブライダルを取り巻く環境は少子・婚姻組数の減少
・国内におけるブライダル業界の経営環境は、少子化・婚姻組数の減少(厚生労働省発表、昨年の全国総婚姻組数の推計値は約71万4,000組。2001年比約10万組の減(※)。2010年までに60万組台に突入)の時代にあり、今までの延長線上では立ち行かない時代となっている。そのような時代にあっても、当社は、大幅なシェア向上で、中期経営計画の達成を目指して行く極めて意欲的な計画を組んでいる。
(※)厚生労働省「平成19年 人口動態統計の年間推計」による


■ 成長の礎は経営理念の徹底実践
・私の目指す「会社構造の改造」の基本は、経営理念を徹底実践できる組織にすることである。
・当社の経営基本理念『ワタベマインド』では「すてきな生活文化、すてきな結婚式文化の創造」をうたっており、そこに到達させるための行動指針『ワタベスピリット』と『ワタベポリシー』を持ち、『ワタベワールド』は「ワタベウェディングが見つけ出したすてきな生活の考え方(ソフトウェア)と、その道具(ハードウェア)を提供して作る生活の世界」と定めて、プレブライダル、ミドルブライダル、アフターブライダルの3分野をその企業ドメインと定めた。
・当社は創業以来、『ワタベマインド』による経営を押し進め、会社の改善活動や、海外事業への進出など、経営構造の改革にも取り組んできた。しかし極めて厳しい深刻な業界環境を迎えている今日、創業55周年の節目と言うこともあり「世界最高のブライダル企業を目指します」というスローガンが真の実践目標となる企業グループにすべく「会社構造の改造」を推し進め、中期経営計画の達成を目指す。
以上

本件に関するお問い合わせ先

ワタベウェディング株式会社 広報グループ :青木・牧野・中山
TEL. 03-5202-4133 Fax. 03-5202-4144 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:http://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/

※プレスリリースの内容は発表当時のものです。

コンテンツブロック制御