PUBLICITY REPORT

2003年4月1日

~創業50周年・創立40周年・海外進出30周年を迎えて~第50期生 入社式- 社 長 訓 示 -

ワタベウェディング株式会社(本社:京都市、資本金17億5,450万円、東証・大証2部上場、代表取締役 渡部隆夫)では、4月1日(火)京都市内のホテルにて、第50期生の入社式を執り行いました。

入社式における当社社長訓示の概要は次のとおりです。

【社長訓示/概要】
・1953年 振袖レンタルのボランティアから開業「ワタベ衣裳店」
・1964年 有限会社として法人化
・1973年 (創業20年)海外1号店・
     ハワイ「ホノルル店」をオープン
    「海外挙式」という新しい生活文化の提案/団塊世代
     の結婚ブーム後の婚姻組数の減少を見越した対策
・1984年 (創業30年)会員クラブ「ウィズクラブ」発足
     業界の常識を覆す、お客様のための低価格の実現
・1993年 (創業40年)中国・上海進出
     「ウェディングドレス製造工場」を設立
      製販一体の実現により、レンタルから衣裳販売にシフト。
       花嫁の憧れの新品ドレスをリーズナブルに提供
・1997年 大証二部上場 
     ブライダル業界では、世界で初めての株式上場
・2000年 東証二部上場



■当社の考え方
①「利他の心」を持つ:
決して会社の利益のためや、社員自身が経済的利益を手にするために仕事をするのではなく、世のため、人のために、お客様の幸せのお手伝いをするために仕事をする
② 変化を創造する:
付加価値の高い商品・サービスを開発し、変化を創造する。消費低迷の現在、価格競争では生き残れない。先見性をもった付加価値の創造で勝負する。

■働くことの価値観/ワタベウェディングで働くということ:
「仕事」=働き甲斐ある仕事をする意の「Vocation」、「働く」=目的をもって努力し自発的に働く意の「Work」と考えることが出来る人たちであってほしい。この方向に全社員のベクトルを合わせることが出来てはじめて人生で一番輝いているお客様の幸せのお手伝いができる。

■付加価値を高め続けるために:
経営とは変化を創造することであるという信念を持ち続けて取り組んできた。IT技術の進歩やグローバル化の進展により、もはや「変化に対応する」のでは時代に取り残されるため、変化への対応ではなく「変化を創造する」ことこそが経営である。変化の創造には、常に頭と感性を働かせて「素敵さ」とは何かを追求し続けることが必要。

■新入社員の皆さんへ期待すること、心構え:
新郎新婦と同世代となる新入社員方々の意欲ある発想・提案を期待する。社員一人ひとりが、ターゲット&コミットメントの責任を果たすことが、社会の信認を勝ち取り、「世界最高のブライダル企業」の実現につながっていく。そのために強い熱意と人生への考え方をしっかりと持ち、たゆまず能力を磨き、生き生きとした人生を送ってほしい。

以上

本件に関するお問い合わせ先

ワタベウェディング株式会社 広報担当:青木
TEL. 03-3274-4133 Fax. 03-5202-6001 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:http://www.watabe-wedding.co.jp/

※プレスリリースの内容は発表当時のものです。

コンテンツブロック制御