PUBLICITY REPORT

2005年5月23日

~ 沖縄から始まる「1122(いい夫婦)」のHAPPYウェディング!~
万座ビーチホテル&リゾート内「アクアルーチェ・チャペル」いいふうふ1122組目の挙式カップルが誕生! 5/21(土)挙式:福島県在住の鵜川さん・湯田さん

ワタベウェディング株式会社(本社:京都市、40億9901万2800円、東証・大証1部上場、代表取締役 渡部隆夫)では、昨年4月にオープンした「アクアルーチェ・チャペル」(万座ビーチホテル&リゾート内)で、5月21日(土)に、“いい夫婦”にちなんだ1122組目の挙式カップルが誕生しました。

1122組目のカップルとなった新郎新婦は、福島県二松市在住の鵜川晋作さん(30)・湯田香織さん(29)です。梅雨の合間の五月晴れとお天気にも恵まれ、参列したご両親も“かりゆしウェア”(※)に身を包みおふたりを祝福するなど、リゾートウェディングならではの雰囲気に満ち溢れた挙式となりました。おふたりは「両親と一緒に旅行ができるので、リゾートウェディングにしました。海の見えるチャペルでの挙式という夢が叶い、一生の思い出になります」とコメント。挙式後には、南国カラーの花びらを振りまくフラワーシャワーや、沖縄の海をバックに撮影するビーチフォトツアーのほか、1122(いい夫婦)組目となったお祝いに、「万座ビーチホテル&リゾート」取締役送支配人からおふたりへ、記念の花束が贈呈されました。

※「かりゆしウェア」:沖縄で縫製された沖縄らしさを表現する柄を使ったシャツのこと。通常5月から着用され、県の職員や銀行、公式の場でも広く着用される沖縄版のアロハタイプのシャツ。

■「アクアルーチェ・チャペル」は、オープン後1年間で、
当初計画の2倍ものカップルが挙式した人気チャペルです
「アクアルーチェ・チャペル」(万座ビーチホテル&リゾート内)は、同ホテルと当社が業務提携し、昨年4月17日にオープンした独立型のチャペルです。チャペル前面が総ガラス張り、美しい沖縄の海を望む開放感にあふれており、沖縄に多いオーソドックスなデザインとは一線を画す、貝殻をイメージしたデザインです。オープン以来1年間で、当初の年間計画(500組)の2倍ものカップルが挙式しており、県外からの挙式者が9割を越えるリゾートウェディングの拠点として、「沖縄=ウェディング・アイランド」を強力に推進する原動力となっています。

【カップルからのコメント】

(1) 沖縄での挙式を決めた理由
→挙式を兼ねて出席した家族と一緒に旅行がしたかったからです。海外挙式も検討しましたが、やはり沖縄で挙式することにしました。チャペルから、きれいな海と青空を一望できるところが気に入りました。

(2) 沖縄での挙式に対して、ゲストの方々の反応はどうでしたか
→沖縄で挙式したいという話を持ちかけたが、すんなり賛成してくれました。「せっかくなので“かりゆしウェア”を着てリゾート気分を楽しみたい」と言ってもらえました。

(3) 沖縄挙式の感想、心境
→天気も良くて最高。ふたりの夢が叶い、とても良い一生の思い出になりました。
スタッフの方がやさしく声を掛けて下さったりと、緊張をほぐしてくれて、ありがたかったです。

本件に関するお問い合わせ先

ワタベウェディング株式会社 広報・宣伝グループ 広報担当:青木
TEL. 03-3274-4133 Fax. 03-5202-4144 E-Mail:public@watabe-wedding.co.jp
ホームページ:http://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/

※プレスリリースの内容は発表当時のものです。

コンテンツブロック制御