白無垢

白無垢とは、白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物に至るまですべてを白一色で統一した装いのこと。室町時代ごろに始まった、最も古い婚礼衣装、日本の伝統和装です。

現在、もっともポピュラーな和の花嫁衣裳だといえます。清純無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」という花嫁の思いのあらわれ。もともと神に仕えるときの衣裳が白であったことから、結婚を神に報告する婚礼の儀式でも用いれるようになったともいわれています。
髪は文金高島田に結い上げ、挙式では綿帽子または角隠しで覆います。胸元には懐刀(刀)と箱迫(はこせこ:鏡や櫛などを入れる入れ物)または懐紙入れを、手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。これらの小物はすべて白。ぞうりも白い布製のものや、銀の布製のものを用います。

白無垢 一覧

白無垢

京都和婚
伝統美が息づく街、京都。
京都の由緒ある神社仏閣で、本当の和の挙式を。
  • ワタベウェディングだからできること
  • ワタベウェディング「挙式接待」サービスポリシー
コンテンツブロック制御
  • お問合せ
  • ご試着予約
  • ブライダルフェアカレンダー
  • ウェディングフェア

to PAGE TOP