海外ウェディング会場[ヨーロッパ]

2007年8月アーカイブ

europe080814_1.jpg

フィレンツェの空の玄関口となるフィレンツェ・ペレートラ空港(アメリゴ・ヴェスプッチ空港)は、フィレンツェ市の北西にあり、中心地からシャトルバスで約20分ととても近く便利です。

シャトルバスはフィレンツエ中央駅近く(SITAバスターミナル発、駅前、LAZZIバスターミナルの)3箇所から、30分に1本。チケットは車内で購入可、4.5ユーロ。

日本へは、イタリア国内およびヨーロッパの主要地乗り継ぎでの利用となります。
(ワンポイントアドバイス(1) 乗り継ぎではロストバゲージの心配も時々ありますので、貴重品や到着後すぐに必要なものは必ず手荷物で!!)

出発ロビー入口を入ると目の前にはアリタリア以外の各社チェックインカウンターが並んでいます。
アリタリアのみ2階ロビーにカウンターがあります。

europe080814_2.jpg

また、入口のすぐ横にはタックスフリーのコーナー。
タックスフリーの手続きはEU最後の出発時で行うのが基本ですが、機内預けの荷物に商品を入れる場合、フィレンツェの空港でも手続きできます。
(ワンポイントアドバイス(2) 商品一つ一つ提示を求められる場合がありますので、すぐに取り出せる場所に入れておくとスムーズ)

europe080814_3.jpg

出発ゲートへはこの階段か横のエレベーターで2階に上がります。
セキュリティチェックをしてからゲートへ進みます。

europe080814_4.jpg

europe080814_5.jpg

昨年リニューアルして、以前は地方の鉄道駅のように(?!)小さかった出発ロビーもキレイになって、セキュリティゲートを過ぎたあとにも、バールやショップ、免税店などができました。

一方、フィレンツェ空港到着便で利用の場合、空港から市内へ行くには、到着ホール出口を出て建物に沿って右手に歩いていくと、タクシー、シャトルバスの乗り場があります。
(ワンポイントアドバイス(3) タクシーの料金には、スーツケースなど荷物の数、また、深夜、祝祭日などで追加料金がかかるので、ケースバイケースです)

europe080814_6.jpg

シャトルバスはタクシー乗り場より、建物から少し離れています。

europe080814_7.jpg

コンパクトに必要なものが揃っているので、大きな空港よりむしろ便利?!なフィレンツェ空港。
絶対に迷うこともありませんし、ね!

ちなみに、フィレンツェ空港の別名、アメリゴ・ヴェスプッチは、アメリカ大陸を新大陸として発表し、大陸の名前(アメリカ)となったフィレンツェ出身の探険家の名前に由来しています。

to PAGE TOP

おふたりのウェディングをトータルにプロデュース。
国内挙式・海外挙式からパーティ・ウェディングドレスまで。