海外ウェディング会場[ハワイ]

2007年8月アーカイブ

お客様のスペシャルウェディングブーケや挙式場、レセプション会場用の装飾フラワーは、花課のフラワーデザイナーのみなさんが製作をしています。
中でもプルメリアのブーケはとても可愛いく、ハワイらしいので人気ブーケのひとつなのですが、、、実はデザイナーの頭を悩ませています。
今回は、デザイナーからの裏話を交えながらブーケの製作工程に密着しました。

20070827_hawai_001.jpg

プルメリアはとってもデリケートなお花で、ブーケに使える質のよい状態のプルメリアを選別するところから始まります。ある日は、500個仕入れてもブーケ1個分しか使えない時もあるそうです。。色の指定も残念ながら受けることが難しいとのこと。この日はラッキーにも、キレイなイエロー&ホワイトの組み合わせでした!

20070827_hawai_002.jpg

選別したお花にひとつひとつワイヤーをつけてテーピングをします。
花びらを傷をつけるとすぐに弱ってしまいますので丁寧に扱わないとなりません。

20070827_hawai_003.jpg

厳しいチェックの後、よいものだけを集めてバランスを見ながらアレンジ開始。プルメリアだけだとボリュームに欠けるので、葉っぱを合間にアレンジしながらブーケを形作っていきます。

20070827_hawai_004.jpg

だんだん完成に近づいてきました。ラウンド系のブーケを作っているようです。

20070827_hawai_005.jpg

スタイリッシュシリーズのブーケは前日のお打ち合わせの際に、お客様に出来上がりをご確認いただきます。
このような苦労が伴うブーケだからこそ、お客様に心から喜んでいただけるようにフラワーデザイナー一同日々努力しております!!


*こちらは期間限定ブーケとなっております。ワタベでは4月~9月挙式のお客様がご利用いただけます。

以前ブログにも紹介したことのある、ポリネシアンカルチャーセンターで、日本人挙式を初プロデュースすることとなりました!!

長い間ポリネシアの人々に愛されてきた歴史ある「カワイロアチャペル」での11時挙式は一日一組限定です!

hawaii0822_001.jpg


挙式の後にはゲストと一緒にカヌーツアーへ。
フラダンスやフラワーシャワーでおふたりの門出をお祝いします。

hawaii0822_002.jpg

hawaii0822_003.jpg

ポリネシアの人々からは6つの伝統的な祝福のギフトをプレゼント!

hawaii0822_004.jpg




挙式の後はセンター内ツアー、アトラクション、、、1日を大切なゲストと一緒に楽しめる盛りだくさんの内容です!!

hawaii0822_005.jpg

一流のハワイアンダンサーによる迫力のホライズンショーで楽しかった一日のフィナーレを飾ります。

hawaii0822_006.jpg

おふたりとゲストの皆様にとって、永遠に忘れることのない宝物のような一日となること間違いなしです!
ハワイ挙式と文化の両方を満喫できる「トレジャー・オブ・アロハ~カワイロアチャペル」で、色の濃い想い出作りをしていただけるよう精一杯お手伝いさせていただきますので、よろしくお願いします!

マウイ島の観光名所といえば?
ハレアカラ?ハナ?ラハイナ?

hawaii080815_1.jpg

それだけではありません。
モロキニ島も そのひとつ。
飛行機の上から見下ろすと 三日月型の、小さな島を見ることができます。
それがモロキニ島・・・「島」といっても 本当は 火口で、英語では 「モロキニクレーター」といいます。

hawaii080815_2.jpg

三日月の内側は 基本的に穏やかで スノーケル用の大型船や ダイビング用の小型船で大賑わい。
その姿は まるで モロキニハーバーといったところ・・・

hawaii080815_3.jpg

でも、飛行機からはかなり小さく見えるこのモロキニも、実は、結構大きめで 日本の海水浴場のようなイモ洗い状態にはならないところもいいところ。アメリカのダイブサイトアンケートでは、常に上位に入ります。
ハリウッドのセレブもお忍びでダイビングをしに来るマウイ島で、のんびり 癒されてください。

hawaii080815_4.jpg

モロキニの吸い込まれそうな透明度を堪能した後は 南マウイのスポットへ移動、かわいいアオウミガメを10cmの至近距離で見てみませんか? 
ただし、おさわり厳禁ですので、ご注意を。

アーカイブ

to PAGE TOP

おふたりのウェディングをトータルにプロデュース。
国内挙式・海外挙式からパーティ・ウェディングドレスまで。