『ワタベウェディング』×映画『北の桜守』コラボ企画 「親子(家族)の絆を感じた」エピソード募集!

2018.02.26


今回、当社がコラボした映画『北の桜守』は、
『北の零年』(05)、『北のカナリアたち』(12)に続く"北の三部作"の最終章で、
大戦末期から高度経済成長期という激動の時代を生き抜いた"親子の物語"です。
厳しくも温かく息子を守る母・江蓮(えづれ)てつを演じるのは、
本作が120本目の映画出演作となる吉永小百合さん、苦難を乗り越えて成功し、リリース用加工画像.jpg
老いた母と再び時を過ごすことを決める息子・修二郎は堺 雅人さんが演じています。

修二郎の妻・真理役を篠原涼子さん、親子を見守る山岡役を岸部一徳さん、
てつの夫・徳次郎役を阿部 寛さん、てつたち親子を助ける菅原役を佐藤浩市さんが演じるなど、
豪華キャストが顔を揃えています。
また、監督は『おくりびと』(08)で世界を沸かせた滝田洋二郎さんが、
脚本は"北の三部作"全作品を手掛ける那須真知子さんが担当。
さらに物語を象徴的に彩る演劇的シーンの舞台演出として、
ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが名を連ねるなど今春の大作と言われております。

本キャンペーンでは、親子の物語であることにちなみ、
「親子(家族)の絆を感じたエピソード」を募集します。
『ワタベウェディング』×映画『北の桜守』特設Webサイトよりご応募いただいた方の中から、
抽選で10名様にB2ポスター、5名様に映画台本、ポストカード&シールをプレゼントいたします。

沖縄ワタベウェディング株式会社と学校法人KBC学園が産学連携し 新たに『ブライダルフォトグラファー養成講座』を2018年7月より開講!

2018.02.22

②.jpg

当社の100%子会社の沖縄ワタベウェディング株式会社と、学校法人KBC学園は、
近年急成長を遂げている沖縄リゾートウェディング市場において、
産学が連携して沖縄リゾートウェディング業界への就業機会を創出し、
即戦力となる人材を育成、確保するため、新たに2018年7月より、奨学金を受けながら、
未経験の方でも専門の技術や知識を学ぶことのできる『ブライダルフォトグラファー養成講座』を開講いたします。

沖縄への観光客数の伸びとともに、付加価値の高い沖縄リゾートウェディングも、
今や年間16,000組、来県者20数万人にものぼる市場規模に急成長を遂げています(※平成29年3月23日沖縄県観光振興課調査より)。
一方で、質の高いサービス提供を行うためには人材確保が大きな課題となっており、
専門技術や知識が必要なブライダルフォトグラファーについてはそれが顕著です。
また、ブライダルフォトグラファーが、ご家族の一生の思い出をお手伝いする、
素晴らしい仕事であること自体もあまり知られておらず、職業の選択肢から外れてしまう状況にあります。


そこで、人材不足を解決する足掛かりの一つとして、
受講後ブライダルフォトグラファーとして就職を希望し、受講面接に合格した方を対象とし、
2018年7月~12月の半年間、カメラ撮影技術や編集ソフトを扱える専門知識を持った人材を育成してまいります。

また本講座は、沖縄ワタベウェディングが独自に設けた奨学金を受けながら学ぶことが可能です。

今後とも、沖縄ワタベウェディング株式会社と学校法人KBC学園は、
将来ブライダルフォトグラファーとしてウェディング業界で活躍したいという強い意思を持つ皆様を、
育成と就職の両面から支援してまいります。

https://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/info/detail.html?press_id=638