埼玉西武ライオンズ 山川穂高選手のハワイ挙式をプロデュースしました!

2018.12.14

★1387801_016.jpg
今季パ・リーグMVPを獲得した、プロ野球埼玉西武ライオンズ所属の山川穂高選手が、
ワタベウェディングプロデュースにより、ハワイ「プリンス ワイキキ」"アラモアナタワー"最上階にある
『ラニレア チャペル』にて、現地時間2018年12月11日(火)14時に、挙式を行いました。
★1387801_013.jpg

昨年8月に入籍を発表していた山川穂高選手が、この度挙式を行ったハワイ『ラニレア チャペル』は、
山川穂高選手の背番号と同じ"33"階・地上約107mに位置します。
今季パ・リーグMVPに輝いた山川穂高選手らしい、天空から望むスケールの大きな絶景のパノラマビューを背景に、
親族に見守られる中アットホームな挙式が執り行われました。


チャペル内にある白いグランドピアノを山川選手が演奏するサプライズも🎹♬
1387801_020.jpg

挙式前には、東海岸地区の美しいビーチと、市民の憩いの場として愛されるカピオラニ公園を舞台に、2つのフォトツアーを行いました。
★1387801_001.jpg

カピオラニ公園では、大学時代ソフトボール部に所属されていた麻衣子さんと
キャッチボールを行う、
おふたりらしいシーンの撮影も⚾⚾

★1387801_010.jpg

山川穂高選手が着用されたタキシードは、爽やかなシャンパンゴールドの「AU61[」
http://w.watabe-wedding.co.jp/products/detail.php?category_id=17&product_id=193
★1387801_017.jpg

フォトツアーでは、当社とSHIPSがコラボレーションした衣裳も着用❤
ハワイらしいアロハシャツ姿を披露しました🌺
http://w.watabe-wedding.co.jp/ships.php
★1387801_003.jpg

<山川穂高選手コメント>
この度、このような素敵な結婚式をプロデュースしてくださったワタベウェディングさまには大変感謝申しあげます。
「プリンス ワイキキ」内の素敵なチャペルで挙式をすることができ、最高に幸せです。
背番号と同じ33階にあるチャペルということで、何かの縁を感じます。
今日は特別な日となり、この日のことは一生忘れません。これからも二人三脚で素敵な家庭を築いていきたいです。
あと、これからもたくさんホームランを打つので、いつものおいしいステーキを妻には作ってほしいですね。

https://www.watabe-wedding.co.jp/company/press/info/detail.html?press_id=714

『ラニレア チャペル』

期限2019年1-12月ラニレア チャペルパンフレット(16)_KIGEN201901-12-LaniLea016_dl_1024.jpg
地上107mに位置する「喜びの空」を意味する絶景を望むチャペル。
祭壇に立つ新郎新婦の姿が、背景の空と海と一体となるドラマティックなウェディングが叶います。
挙式後はチャペル併設のフォトジェニックな空間「ピクチャーラウンジ」で大切なゲストとアフターセレモニーも可能。
パーティは専用の会場でゲストとアットホームな雰囲気をお楽しみいただけます。


https://www.watabe-wedding.co.jp/resort_wedding_overseas/hawaii/chapel_lanilea/


グアムの人気挙式施設 「ブルーアステール」、「ルース・デ・アモール チャペル」 2019年7月1日(月)リニューアル!

2018.12.07

当社は、グアムの人気挙式施設「ブルーアステール」と「ルース・デ・アモール チャペル」を、
2019年7月1日(月)にリニューアルいたします。
左「ブルーアステール」、右「ルース・デ・アモール チャペル」
「ブルーアステール」は、恋人岬を望むタモン湾の中心に位置する、
全方面ガラス張りの白亜のチャペルです。そのデザイン性に加え、
ビーチフロントにある絶好のロケーション、併設するバンケットで叶う
オーシャンビューパーティが多くの支持を集めています。

今回のリニューアルでは、チャペル内のピューフラワーとピューフラワーリボンを、
入り口から祭壇に向かってグラデーションとなるようブルーカラーを徐々に増やし、
まるで海へと向かっていく様を美しい内装で実現しました。
さらに2つのパーティ会場もそれぞれ模様替えを行い、
スタイリッシュなイメージの会場「アンタレス」の壁にはオリジナルタペストリーを、
フェミニンなイメージの会場「ベガ」の壁にはフラワーフレームを設け、
それぞれの会場に併設するガーデンには会場の雰囲気に合わせたオーナメントも登場いたします。
更に、ウェルカムスペースにも、フォトジェニックなオーナメント"ウェルカムトランク"を設置するなど、
よりフォトスポットが豊富な会場へと生まれ変わります。


「ルース・デ・アモール チャペル」は、「グアムの海と空を一番近くに感じられるチャペル」を
コンセプトとした完全独立型のチャペルです。併設するオン・ザ・ビーチの邸宅風バンケット
「テ・キエロ」は、2018年9月に内装のリニューアルを行い、
新郎新婦が海を背景にサプライズ入場する演出が大変好評いただいています。
今回のリニューアルでは、チャペル内のピューフラワーを変更し、
太陽の日差しをイメージした黄色やコーラルピーチ系のバラを使用し、
より元気で明るい印象の内装へと生まれ変わります。


更に2019年1月より、2チャペル限定で、センチュリーコート丸の内総料理長である
鏡智行シェフにより開発されたパーティメニューを提供いたします。
「ブルーアステール」では、グアムの美しい島・蒼い海・白い砂浜の印象を
メニューに表現した「エスパーニャアズール」が、
「テ・キエロ」ではカリフォルニアをテーマにした会場のイメージに合わせ開発された
「カリフォルニアブリーズ」が登場し、こだわりの料理によるゲストへのおもてなしが叶います。