沖縄の結婚式に参列するゲストの服装!人気のかりゆしコーデや気をつけたいマナー

沖縄のような南国リゾート地での結婚式にゲストとして参列する際の服装は、男性女性ともに本州と比べ、コーディネートの範囲もマナーもゆるやかです。スーツやドレス以外に、沖縄らしい「かりゆしウェア」やサマードレスなど開放的な雰囲気を楽しめる服装を選ぶことができます。リゾ婚に招待された時、ゲストが悩みがちな「服装」の疑問を解説すべく、おすすめのゲスト衣裳をご紹介します。また、新郎新婦からもアドバイスできるよう、知識を深めておきましょう。

沖縄の結婚式やリゾートウェディングでのゲストの主な服装

沖縄ウェディングのゲストの服装

沖縄での結婚式やリゾート地でのウェディングに招待されたゲストの服装は、一般的な結婚式に参列する服装とは、大きく違った選び方のポイントがあります。

【沖縄などリゾートでの結婚式の服装選びのポイント】
・リゾート地の気温やその地域の雰囲気に合わせた服装選び
・結婚式会場や挙式スタイルに合わせたドレスコード選び

沖縄の結婚式(リゾートウェディング)のドレスコードは会場や挙式スタイルに合わせる

沖縄をはじめ、リゾート地での結婚式は、その地域の伝統的な挙式会場や結婚式に特化したチャペル、ビーチやガーデンなど、さまざまなウェディングスタイルで行われます。
まずは招かれた結婚式がどのような挙式スタイルなのか、どんな場所で行うのかを確認したうえで、その会場の雰囲気にあったドレスコードと服装を選びましょう。
沖縄での結婚式の服装のマナーは比較的ゆるやかで、ドレスコードは新郎新婦の意向で決まります。
そのため、新郎新婦はゲストに招待を打診する際、挙式会場や服装についての説明をするような心づかいが必要です。

基本的には一般的なお呼ばれの服装でOK

リゾートウェディングでも一般的な結婚式のお呼ばれで着るような服装を選んで間違いはありません。ただ、沖縄では冬の時期(12月~2月)を除き、平均気温は25℃を超えるため、夏用のスーツやドレスなど、薄手の生地を選ぶなどの工夫が必要です。
また、女性のお呼ばれの定番であるドレスやパンツドレスの色は、黒やグレーといったカラーより沖縄の明るい雰囲気にあった明るいカラーや、リゾートらしい開放的なデザインがおすすめです。

沖縄の結婚式の定番の服装!かりゆしウェアとかりゆしワンピース

沖縄ウェディングのゲストの服装

沖縄をはじめ南国リゾート地でおこなう結婚式は、その土地ならではのフォーマルウェア(アイランドフォーマル)があります。
ハワイではアロハシャツやムームーが有名ですが、沖縄でも沖縄らしい柄をデザインした沖縄県産の『かりゆしウェア』と呼ばれるシャツがあります。「かりゆし」とは、沖縄の方言で「めでたいこと」や「縁起の良いこと」を意味します。
このシャツは沖縄県ではフォーマルな場での着用が認められているので、結婚式の参列でも問題なく着用できます。同じ生地や柄で女性用にデザインされた『かりゆしドレス、かりゆしワンピース』も同様に、沖縄の結婚式で着用できます。
年間通して温かい気温の沖縄では涼しげで着心地もよく、リゾートらしい華やかな雰囲気を会場に添えることができるため、人気の服装になっています。

かりゆしウェアとは

沖縄の結婚式ではアロハシャツやハワイアンドレスといった服装も人気

南国らしい華やかな服装でお祝いしたい!という気持ちから、アロハシャツやムームーといったハワイアンドレスも人気です。『かりゆしウェア』はもともとアロハシャツの発想をもとに制作された服であるため、色柄や生産地の違い以外にテイストや形状ではそこまでの違いはなく、結婚式の場で着用できます。

沖縄の結婚式に参列する男性ゲストの服装とコーディネート

沖縄をはじめリゾートウェディングの男性ゲストの服装

沖縄をはじめリゾートウェディングの男性ゲストの服装は、親しい人たちだけのアットホームな結婚式をイメージした、スマートカジュアル寄りの服装が主流です。

【沖縄リゾートウェディングでの男性ゲストの定番の服装】
・かりゆしウェア+スラックス(スラックスは白もOK)
・スーツ(明るめカラーもOK)
・ジャケパンスタイル(明るめカラーもOK)

かりゆしウェア+スラックス

かりゆしウェアの下に合わせるパンツは、基本的にはスラックスやきれい目のチノパンといったスマートカジュアルを意識したアイテムを選びましょう。パンツの色はかりゆしウェアやアロハシャツの色柄が映える白やベージュがおすすめです。
SNSなどでかりゆしウェアにデニムパンツやハーフパンツをコーディネートして参列している画像をよく見ますが、デニムや丈の短いパンツを選びたい場合は、新郎新婦に確認したほうがよいでしょう。

スーツやジャケパンスタイル

スーツやジャケパンスタイルの場合、ジャケットはリゾートの気温にマッチした明るめのカラーがおすすめです。ジャケパンスタイルのボトムは白のスラックスを選んでも大丈夫です。
一般的な結婚式の定番フォーマルウェアであるブラックスーツやダークスーツでも問題はありませんが、7月~9月の真夏の時期には暑苦しく見えてしまうため、夏用に仕立てられたフォーマルスーツを選ぶなど注意が必要です。

服装に合わせる男性ゲストの靴

チャペルでの挙式やホテル内での披露パーティがある場合には、通常の結婚式のマナーと同様にキレイ目の革靴、黒か茶のひも付きのストレートチップやプレーントゥが一般的です。
ビーチやガーデンなど屋外で行う結婚式や、カジュアルドレスコードのウェディングでは、デッキシューズや、カジュアルなモカシン、異なる素材を組み合わせて作られたおしゃれなサドルシューズなどが人気です。
またビーチウェディングの場合は砂で靴を痛めてしまうことも多いため、サンダルを選んだほうが良い場合も。会場がビーチや屋外など特殊な環境で靴に迷った場合は、新郎新婦にどんな靴がよいか、確認してもよいでしょう。

服装に合わせる男性ゲストのバッグ

結婚式の男性ゲストは基本手ぶらで、ちょっとした手荷物はジャケットの内ポケットに収納するのが一般的。ただし、かりゆしウェアの場合はジャケットを羽織らないため、バッグを持ち込むのであればクラッチバッグなどフォーマルな服装にあう小ぶりのバッグがおすすめです。
沖縄の結婚式はマナーがゆるめとはいえ、トートバッグやスポーティなバッグは避けましょう。

沖縄の結婚式に参列する女性ゲストの服装とコーディネート

沖縄ウェディングのゲストの服装

アットホームな結婚式が主流のリゾートウェディングでは、女性ゲストの服装も一般的なフォーマルに比べマナーはゆるやかです。南国リゾートらしい彩りや雰囲気をコーディネートに取り入れた服装選びがおすすめです。

【沖縄リゾートウェディングでの女性ゲストの定番の服装】
・かりゆしワンピースやハワイアンドレス
・サマードレス
・フォーマルドレス

かりゆしワンピースやハワイアンドレス

かりゆしウェアは男性向けだけでなく、女性向けシャツやかりゆしウェアと同じコンセプトで素材やモチーフを使い、ドレスやワンピースも製作されています。華やかで南国リゾート感あふれるかりゆしワンピースやハワイアンドレスは沖縄の結婚式で人気の服装です。

サマードレスや柄物のワンピース

一般的な結婚式では避けた方が良いとされている大柄の花柄やボタニカル柄、リゾート柄も、沖縄の結婚式ではむしろ「リゾートらしい」と人気で着用しても問題ありません。また、リゾート感たっぷりのサマードレスなどもリゾ婚の雰囲気を盛り上げてくれるため、よく選ばれています。

フォーマルドレスやパンツドレス

一般的な結婚式では定番のフォーマル用ドレスやパンツドレスは、もちろん着用OKです。
ただし、沖縄での4月~11月までの期間は夏の気温であり、本州では一番着用率の高い春秋用のフォーマルドレスは暑苦しく見えてしまうため、避けたほうが無難です。また、お呼ばれドレスの定番色である黒も、沖縄の結婚式では避けるか、暑苦しく見えない着こなしの工夫が必要です。夏用で涼し気なデザインやリゾートらしい明るいカラーのフォーマルドレスを選びましょう。

沖縄ではノースリーブOK。ただし状況に応じて羽織の準備を

沖縄の結婚式はマナーがそれほど厳しくないので、挙式や挙式後のパーティでノースリーブのまま参列して問題はありません。ただし、キリスト教式でおこなう挙式の場合は、肩をおおうカーディガンなどを羽織りましょう。
また、強く冷房が効いた室内の寒さや、強い日差しが降り注ぐビーチでの日焼け対策のために、羽織があると安心です。何かしらの羽織ものを準備しておくことをおすすめします。

【沖縄の結婚式の女性ゲストの服装で用意があるといい羽織】
・ストール
・ボレロ
・カーディガン
・ジャケット…など

服装に合わせる女性ゲストの靴や足元

チャペル内挙式やホテルウェディングの場合、一般的にはつま先が隠れる靴とストッキング着用がマナーですが、かりゆしワンピースやサマードレスを選んだ場合は、ストッキングを着用する必要はなく素足での参列が可能です。ただしフォーマルドレスを選んだ場合には、服装のテイストにあわせてストッキングを着用しましょう。
靴は、ヒールのあるパンプスはもちろん、通常結婚式ではNGとされている華奢なサンダルやミュールを合わせても大丈夫です。できれば会場の雰囲気にあった靴を選びましょう。
沖縄でおこなうリゾートウェディングでは、ガーデンやビーチに出る機会も多く、砂浜で歩きにくいピンヒールはむしろ避けた方が無難です。ただし、ヒールがないフラットサンダルや靴、スニーカー、ビーチサンダルなど、カジュアルすぎる靴は避けましょう。

服装に合わせる女性ゲストのバッグ

バッグはかりゆしワンピースやサマードレスなどを着る場合、小さめのハンドバッグやクラッチバッグを合わせましょう。ただ、かごバッグはカジュアル過ぎてしまうので、籐のクラッチバッグやショルダーバッグなど、パーティに合ったきちんと感のあるバッグをチョイスしましょう。

沖縄の結婚式に参列する親、親族、子どもの服装とコーディネート

沖縄の結婚式に参列する親、親族、子どもの服装とコーディネート

沖縄をはじめとするリゾート地でのウェディングでは、両家の親や親族、親しい人だけを招待した、アットホームなウェディングスタイルが中心。そのため、親や親族の服装も、一般ゲストと変わらない、リゾートらしく着心地のよい服装が多く選ばれます。

両家の親や親族の服装

【沖縄リゾートウェディングの主な両親の服装】
父親…かりゆしウェア、スーツ、ジャケパンスタイル、紋付袴
母親…かりゆしウェアやワンピース、フォーマルドレス、黒留袖

リゾートウェディングの親や親族の服装は、一般的な結婚式のように正礼装の「紋付袴、黒留袖」「ブラックスーツ、フォーマルドレス」である必要はありません。
他の一般ゲストと同じように、かりゆしウェアやサマードレスなどの南国の雰囲気を楽しめる、気候にあった着心地のよい服装が人気です。
ただし、片方の家の親が正装をして出席するのに、片方の家の親はリゾートフォーマルだった…というような事態がないよう、事前に新郎新婦が間を取り持って服装の格やテイストをそろえる配慮があったほうが良いでしょう。
両家の親へ結婚式に着用してもらうかりゆしウェアやかりゆしワンピースをプレゼントとして新郎新婦が用意するケースもよく見られます。

子どもの服装

沖縄リゾートウェディングの小さな子どもの服装は、子ども用のスーツやサマードレスなど、お呼ばれ用コーディネートを用意する親が多いようです。子どもが暑い気候でも快適に過ごせるような涼しく締め付けの少ない服を選びましょう。また、親子でお揃いのかりゆしウェアやかりゆしワンピースにしたり、夏用のワンピースやシャツとパンツに蝶ネクタイをあしらうなど、ラフでもパーティらしく見える服装も好まれています。
小学生以上の学生の子どもの服装は、学生の第一礼装の『制服』がある場合でも制服で出席することはほとんどありません。大人と同様のリゾート地に合った服装が選ばれる傾向です。

春夏秋冬別、沖縄の結婚式の服装やコーディネートで注意するポイント

沖縄リゾートウェディングのゲストの服装

沖縄地方は、北緯20度から30度の間の緯度帯(亜熱帯)に位置し、近海を黒潮が流れる暖かい海に囲まれて海洋の影響を強く受けるため、気候は高温で多湿であることが特徴です。
国内の他地方と比べて温度差は小さく、年間を通し温暖な気候で過ごしやすいしょう。
出典:「月別の気温・降水量・日照時間などの平年値とその特徴」(沖縄気象台ホームページより)

沖縄ウェディングのゲストの服装

ですが、12月・1月・2月など沖縄の冬は気温が低く、本州で考えれば3月下旬~4月並みの気温になります。寒い日は最低気温が10度程度でビーチでは強風の日もあるため、防寒のためコートが必要になることも多いでしょう。
沖縄の3月~11月は夏を意識した結婚式の服装の用意で充分ですが、12月・1月・2月に沖縄での結婚式に参列する場合には、春や秋の結婚式の服装をイメージして準備する必要があります。寒さ対策の羽織ものは用意しましょう。
出典:「月別の気温・降水量・日照時間などの平年値とその特徴」(沖縄気象台ホームページより)

沖縄リゾートウェディングに最適な時期は?雨や台風をさけた結婚式のベストシーズン

沖縄の冬(12月~2月)の気温と結婚式の服装

12月~2月の沖縄の平均気温は17~18℃と、東京の春や秋と同じぐらいの気温で、冬とは思えぬ温かさです。しかし夜は10℃台前半と冬の寒さで、日中でも寒い日や強風の日も多いため、結婚式では一般的な春や秋の結婚式をイメージした服装がおすすめです。

男性の服装の注意点

かりゆしウェアやアロハシャツのコーディネートでは寒い季節であるため、気温に合わせ一般的なブラックスーツ、ダークスーツ、ジャケパンスタイルが服装の主流です。

女性の服装の注意点

かりゆしウェアやサマードレスより、一般的な春秋用のフォーマルドレスが防寒の面からもおすすめです。
ただ、女性は結婚式の場を華やかに見せる役割も担っているため、ドレスのカラーは冬の色や黒グレーといった重たい色は避け、明るい色のドレスを選ぶと新郎新婦に喜ばれるでしょう。

沖縄の夏(6月~9月)の気温と結婚式の服装

沖縄の夏(6月~9月)の気温と結婚式の服装

6月~9月は沖縄の夏本番で、最高気温が30℃を超える日が続きます。涼しく過ごせる半袖シャツやノースリーブのような真夏の結婚式の服装がおすすめです。ただ室内は強めの冷房で寒く感じることも。紫外線対策と冷房対策のために、女性は薄手の羽織が必要です。

男性の服装

昼、夜のパーティともに、沖縄らしい真夏のリゾートウェディングの装いがおすすめです。スーツスタイルやジャケパンスタイルを選んだ場合、暑くてジャケットを脱ぐような場面も想定しておきましょう。ネクタイを蝶ネクタイにする、脱いでも見栄えがいいようサスペンダーやベストを着用するなど、ちょっとした工夫があるとおしゃれです。

女性の服装の注意点

昼、夜のパーティともに、沖縄らしい真夏のリゾートウェディングの装いがおすすめです。ただし真昼のガーデンやビーチになど屋外での撮影や催しがある場合は、強い紫外線に注意が必要です。特に女性は日焼け止めの用意や、紫外線や室内の強い冷房を防ぐ薄手の羽織ものを準備しましょう。

沖縄の春(3月~5月)秋(10~11月)の気温と結婚式の服装

春の沖縄は20℃を超える日が多くなりますが、東京の6月ぐらいの気温なので、夜は肌寒いと感じる日もあります。

男性の服装

昼開催の挙式とパーティならばかりゆしウェアだけで特に問題ありませんが、夜の挙式やナイトパーティの場合、屋外なら肌寒く感じることも。シャツの上に羽織るテーラードジャケットを準備しておきましょう。

女性の服装の注意点

昼開催の挙式とパーティなら、リゾートらしいかりゆしウェアやノースリーブのドレススタイルでOKです。トワイライトタイムの挙式やナイトウェディングなら、女性はノースリーブの上に羽織るボレロやカーディガンの用意があったほうが良いでしょう。

沖縄の結婚式でのお呼ばれの服装をレンタルで準備するには?

沖縄のようなリゾート地での結婚式に参列するための服装

沖縄のようなリゾート地での結婚式に参列するための服装をレンタルで準備するには、主にふたつの方法があります。

【リゾートウェディングのお呼ばれ衣裳のレンタル方法】
・本州(地元)でレンタルして旅行から帰宅後に本州(地元)で返却
・沖縄の店舗でレンタルして沖縄滞在中に沖縄で返却

地元で衣裳をレンタルする場合は、リゾート地への旅行期間より日数を長めに、余裕を持ったレンタル期間を設定しましょう。
沖縄の現地店舗で衣装をレンタルする場合は、希望通りのサイズや色の在庫がないことも考慮しておく必要があります。

かりゆしウェアやかりゆしワンピースのレンタル方法や注意点

かりゆしウェアやかりゆしワンピースのレンタルは、主に沖縄現地の店舗がおこなっています。
沖縄の挙式会場やリゾートホテルによっては、かりゆしウェアやかりゆしワンピースの衣装レンタルをおこなっている場合もあるため、まずは問い合わせてみましょう。
ただし、かりゆしウェアは購入価格とレンタルの料金相場がさほど変わらない傾向で、ゲスト全員で色や柄をお揃いにしたいなど強い希望がある場合には、購入したほうが希望が叶えやすいといった見方もあります。
特に子ども用はレンタルでの取り扱いがない、サイズがないといったケースも多いため、購入の検討をおすすめします。

お呼ばれ用のスーツやドレスのレンタル方法や注意点

フォーマル用のドレスやスーツの一般的なレンタル期限は3泊4日であるため、リゾートウェディングの衣裳レンタルは延長料金を支払うか、沖縄現地の店舗でレンタルすることになります。

留袖などの和装のレンタル方法や注意点

沖縄のようなリゾート地での結婚式でも、本州と同様に、正礼装としての着物を着用して参列が可能です。ワタベウェディングでは、ゲストのための和装を沖縄の現地店舗にて用意しています。また、着付けやヘアメイクもオプションで手配できますので、まずはお問い合わせください。

『ワタベウェディング×SHIPS』リゾートウェディングのためのアロハ衣裳

リゾートウェディングのためのアロハ衣裳

リゾートウェディングに参列するゲストの服装の悩みを解決するために、リゾ婚を知り尽くしたワタベウェディングと、アメカジ専門店から出発しアロハウェアを知り尽くしたセレクトショップ『SHIPS』が共同開発したリゾートウェアシリーズをご紹介します。

『Guest Style for Resort Wedding』とは

2016年から販売開始されたこのシリーズ。ポリネシアンモチーフをベースにしたオリジナルテキスタイルを使用した、ワタベウェディングでしか買えない完全オリジナルデザインです。
シャツもドレスもハレの場に相応しい「きちんとフォーマルで着用できるデザイン」にこだわり、染色も縫製もすべて日本で手がけています。
リゾートウェディングだけでなく、夏用のカジュアルウェアやタウンユースでも長く使っていただける上質なウェアです。

幅広いサイズと豊富なカラー展開でお揃いにも贈り物にも

リゾートウェディングのためのアロハ衣裳

2種類の柄、6種類のカラー展開、子ども用、大人用の幅広いサイズ展開。「家族やゲストとお揃いにして素敵な思い出を残したい」といった希望や、「両親に記念品としてお揃いで着てもらえるようプレゼントしたい」といった願いを叶えることができます。

『Guest Style for Resort Wedding』のアロハシリーズについてお問い合わせはこちらから

大切なひとにゆっくり感謝の気持ちを伝える時間を作るためにおすすめのチャペル

アクアグレイス チャペル/沖縄本島

アクアグレイス チャペル/沖縄本島

ライトプラン
¥220,000~
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※挙式プランの内容と費用。シーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

海とビーチが一望できる素晴らしい眺望の贅沢バンケットで最高のおもてなし

【アクアグレイス・チャペル】は、ゲスト数に合わせた2つのバンケットルームを用意しています。どちらのバンケットからも、沖縄らしいエメラルドグリーンの海と読谷村・宇座ビーチが一望できる素晴らしい眺望が自慢です。
美しい海を大切な人と眺めながら楽しんでいただける料理は、フランス料理と沖縄・琉球の文化を融合させたオリジナルのコース。『料理が感動になる』をコンセプトに日本の四季折々の食材を厳選し、沖縄の景色や空気を感じるメニューに。
味わいと美しい盛り付けで五感を刺激する料理を、美しい海の景色を楽しみながら至福の時間をお過ごしください。

アラマンダ チャペル/沖縄 宮古島

古宇利島 空と海の教会/沖縄本島

ライトプラン
¥250,000~(税込)
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※挙式プランの内容と費用。シーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

喧噪から解き放たれた厳かなガーデンのなか、想いを伝えバージンロードを歩く

【アラマンダ チャペル】の大きな特徴はチャペル周囲を包む広大なガーデン。
小高い丘に建つチャペルへ続くウェディングロードで、“長くも短い”父親、または母親とのひとときを過ごせます。そしてこのチャペルへの径を思い出とともに歩んだ後、二人は未来へ永遠の約束を交わすのです。
アラマンダ チャペルでの挙式後の会食や披露パーティでは、隣接する「シギラベイサイドスイート アラマンダ」の2タイプのレストランから、パーティ会場を選ぶことができます。どの会場からも、ラグーンや海を望む宮古島の珠玉の絶景を大切なゲストとともに楽しむことができるでしょう。

WEB予約専用の格安プラン【EASY by WATABE WEDDING】ならもっとお得に!準備・お申込みを全てWEB上でおこなうので通常の挙式より格安に叶えられます!

MAP沖縄・本島のマップ

カレンダー

雄大な自然をカラダ全体で感じられる沖縄本島

息を呑むほど美しいビーチや、ドライブに最適な絶景スポットも多数点在する沖縄本島。
世界遺産にも登録されている首里城をはじめとする琉球王国の史跡などを巡ればちょっとしたタイムスリップ気分に。

INFORMATION沖縄・本島の基本情報

日本からのアクセス

東京から那覇まで約2時間40分
大阪から那覇まで約2時間

旅行日程目安

2泊3日

気候・ベストシーズン

4~10月

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

WEDDING SCHEDULEウェディングスケジュール

※挙式日のスケジュールは会場により変わる場合があります。

DAY1 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(1枚目)

現地到着

現地に到着されたら、ホテルでゆっくり過ごしたり、フリータイムを楽しんで。
挙式に備えて体調を万全に整えましょう。
※お申込みの内容により、前日にご来店いただく場合がございます

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(2枚目)

挙式

永遠の愛を誓うセレモニー。ゲストとの記念撮影も特別なものに。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(3枚目)

フォトツアー

フォトグラファーが沖縄の自然に映える表情を撮影します。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(4枚目)

ウェディングパーティ

リゾートならではの絶景と美味しい料理を満喫するパーティを。

DAY3 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(5枚目)

自由行動

優雅なホテルステイを楽しんだり、観光やショッピングに出かけたり、沖縄旅を満喫!

AFTER WEDDINGアフターウェディング

沖縄観光のマストスポット

  • 写真:美ら海水族館
    美ら海水族館

    世界最大級の水槽「黒潮の海」には、ジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、カラフルな熱帯魚を多数展示。

  • 写真:沖縄の世界遺産
    沖縄の世界遺産

    沖縄の世界遺産は9つ。有名な首里城や今帰仁城、中城城など琉球王国のグスク及び城跡が歴史を物語る。2日以上かけてじっくり巡ろう。

  • 写真:沖縄アンフード
    美浜アメリカンビレッジ

    北谷町にある大型シーサイドリゾートタウン。広大な敷地には商業施設やアミューズメント施設が充実。

沖縄本島で遊ぼう!

  • 写真:那覇国際通り
    那覇国際通り

    お土産探しや屋台村グルメ、南国の食材が集まる市場などにも近い大人気エリア。

  • 写真:琉球村
    琉球村

    懐かしさを感じる赤瓦の琉球古民家が立ち並ぶ村を再現したテーマパーク。伝統舞踊エイサーは鑑賞だけでなく、一緒に踊って楽しむことも。

  • 写真:ティーヌ浜
    ティーヌ浜

    エメラルドグリーンの海に架かる橋を渡り古宇利島へドライブ。夕陽の絶景ポイントとしても人気。

WEDDING REPORT先輩カップルの挙式レポート

  • 写真:沖縄・本島
    自分達がやりたいと思った事をしたら、ゲストの方もよろこんでもらえると思います。
    (Y&A様ご夫婦)

    海が好きだったので、ビーチが近く海が見えるアクアグレイス・チャペルを選びました。ドレスや挙式の雰囲気に合わせ、小物を用意するのが大変でしたが、ブルーで統一が出来たので、写真撮影も楽しかったです。

  • 写真:沖縄・本島
    沖縄の海にあこがれて、リゾートウェディングを選びました。
    (T&S様ご夫婦)

    色が変えられるチャペルがすごく印象的で、海に近いチャペルでビーチ撮影もあったのが決め手でした。リゾート婚に詳しい方が多かったのと、打ち合わせの時に親切に対応して頂けたのが嬉しかったです。突然の妊娠でドレスなど悩みましたが、いろいろ対応して頂けて、無事に好きなドレスが着れました!

-RESERVATION-

先輩カップルの挙式を店舗でもっと見る

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

ABOUT WATABE
WEDDINGワタベウェディングだからできること

WEDDING CONCIERGEウェディングコンシェルジュ

沖縄の最新トレンドや観光情報などを熟知したウェディングコンシェルジュが、おふたりの沖縄ウェディングをトータルにご提案し、サポート致します。

  • 写真:岡田 麻衣
  • 写真:関口 真理
  • 写真:佐藤 華夏
  • 写真:細谷 香織
  • 写真:川原 規子
  • 写真:相川 聖友
CHAPEL挙式会場

ワタベウェディングはチャペル・式場数の取り扱いが多く、多彩なウェディングスタイルをご用意しております。
おふたりにぴったりのウェディングプランをご案内いたします。

横スクロールしてご覧ください

沖縄の結婚式・挙式のウェディングスタイル

TOTAL SUPPORTトータルプロデュース

リゾートウェディング60万組以上の実績で、おふたりのウェディングをトータルプロデュースいたします。
挙式から衣裳、旅行、帰国後パーティまでお任せください。

  • トータルプロデュース(ウェディング)

    ウェディング

    全国の店舗で申込OK!
    60万組以上のお客様のリゾ婚を
    お手伝いしてきました。

  • トータルプロデュース(ハネムーン)

    ハネムーン

    挙式エリアの知識が豊富で、
    旅行の一括手配も可能です。
    (一部店舗を除く)

  • トータルプロデュース(衣裳)

    衣裳

    ドレスはもちろんタキシードも
    バリエーションが豊富。
    ブランドコラボレーションドレスも人気です。

  • トータルプロデュース(お披露目パーティ)

    お披露目パーティ

    お披露目パーティもお任せください。
    会費制プランで多彩な会場から
    お選びいただけます。

  • トータルプロデュース(前撮り・後撮り)

    前撮り・後撮り

    前撮り・後撮りから、結婚式代わりのフォトウェディングまで、
    様々なスタイルでの撮影が叶うスタジオがあります。

  • トータルプロデュース(ウェディングフォト)

    ウェディング
    フォト

    リゾートや海外ならではの
    ロケーションで写真を残せるのも
    リゾ婚の魅力です。

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

CONTENTSコンテンツ