ふたりだけでおこなう沖縄挙式が人気の理由!トレンドの挙式スタイルや費用について

沖縄本島、石垣島、宮古島…青い海と美しい自然に囲まれて叶えるふたりだけの結婚式。気になる挙式内容、旅行をセットに考えた『観光も満喫するための滞在プランスケジュール』や必要な準備と費用、ふたりだからよりお得になるプランをご紹介します。晴れて夫婦となる厳かな時間を誰の目も気にすることなく自由に過ごし、フォト撮影や動画に思いきりこだわった思い出を残すことができる2人だけの沖縄挙式。ハネムーンも満喫できるリゾ婚を沖縄で叶えてみませんか?

沖縄でふたりだけの結婚式とは?人気の理由や魅力について

沖縄でふたりだけの結婚式とは?人気の理由や魅力について

コロナ禍を通じて「シンプルな結婚式がしたい」と少人数でおこなう結婚式を検討するカップルが増えています。
ふたりだけの結婚式とは、一般的な結婚式で参列することの多い両家の親、親族、友人や仕事関係の人たちといったゲストを一切招待せず、新郎新婦ふたりきりでおこなう結婚式のこと。
結婚式とはふたりが夫婦となることを確認するための儀式であり、「ふたりきりの結婚式」は、結婚式の原点とも言える、もっともシンプルな挙式のスタイルです。その舞台に日本屈指のリゾート、沖縄が注目されています。

ふたりだけの結婚式の魅力とは。コロナ禍を通じて注目度アップ

費用や家庭の事情、多忙で準備の時間が作れないなどの状況や、「大勢のゲストの前でのセレモニーが気恥ずかしく乗り気がしない」「一般的な結婚式のスタイルに価値を感じない」など考え方の多様化など、ふたりだけの結婚式を選ぶ理由はさまざまです。
しかし『ふたりきりの結婚式』の最大のメリットは、結婚式の内容を2人だけで自由に選べることです。
コロナ禍のようなどんな状況でも後ろ向きにならずに結婚式を楽しめるという魅力に、多くのカップルが注目しています。

ふたりきりの結婚式の魅力とメリット

・ふたりだけなので最もシンプルな形でけじめとなる挙式が行える
・ゲストがいないので、おもてなしや見栄え、気遣いと行ったものが不要
・二人が挙式に必要だと思うアイテムや内容だけを選べる
・結婚式準備は衣裳合わせ以外ほとんど必要なし
・挙式の場所や時期・タイミングは思いのまま

なぜふたりだけの結婚式を沖縄で?人気と注目の理由

ふたりきりの結婚式は、ゲストを気にすることなく場所も自由に選択できるため、新婚旅行をかねた美しいリゾート地が多く選ばれています。ハワイやグアムのような非日常感あふれるビーチリゾートが人気ですが、そんな数あるリゾートのなかでも、沖縄県は常に人気が高いエリアです。
海外と比較して旅行日数が短くスケジュール調整がしやすい点や、パスポート取得などの手続きがいらないこと、日本だけでなく世界的にも類を見ない海の美しさや自然が残されていることなど、リゾート地としての沖縄の魅力は海外にも負けていません。
また、一般的な国内の結婚式場は、挙式と披露宴がパッケージになっているプランが多いため、会場によっては「2人だけ」の結婚式ができないことも多いのですが、沖縄のチャペルはふたりきりの挙式ができる会場がとても多いことも選ばれる要因のひとつです。

沖縄でのふたりきりの結婚式の魅力とメリット

・ふたりきりの結婚式が可能なチャペルや挙式会場が多い
・新婚旅行と兼ねた結婚式ができる
・海外リゾートと比較するとアクセス時間が短く滞在日程が少なくても計画可能
・パスポート取得などの手続きがいらない
・沖縄でしか見ることのできない自然と景色の中で思い出づくりを満喫
・本格的なチャペルでおこなう挙式費用が格安で実現できることも
・国内なのでやり取りや打合せがスムーズ

ふたりだけの沖縄結婚式は、どんなウェディングスタイルが計画可能?

沖縄でおこなうふたりだけの結婚式は、愛の誓いを行う挙式と、幸せな思い出をより美しく残すための写真撮影や動画撮影を中心に行われます。

沖縄のチャペルで本格的な挙式を執り行う

沖縄のチャペルで本格的な挙式を執り行う

沖縄のチャペルや挙式会場を二人のために貸切にして、セレモニーを行うために挙式プランを選択します。人数が2人だけでも、プラン内容や料金は、提示されているものと変わりません。愛の誓いの立会人となる牧師の前での宣誓や、音楽奏者による生演奏など、ふたりきりでも通常と変わらない本格的な挙式ができます。

沖縄で結婚式を挙げる時の費用相場!予算と旅費はどのくらい必要?

ふたりの思い出になるウェディングフォトや動画を撮影する

沖縄のチャペルでおこなう二人きりの挙式の様子を、写真や動画で撮影します。
沖縄の大きな魅力である美しいビーチや自然を背景に、ウェディングドレスのまま屋外でロケーション撮影を行うこともできます。
「形式化されたセレモニーよりも二人の姿を形に残したい」「より費用を格安で抑えたい」「フォト撮影や動画撮影にとことんこだわりたい」という方は、挙式セレモニーを行わずウェディングドレスを着てチャペルやピーチなどで撮影するフォトウェディングのみ行うことも可能です。

ゲストを招待しないので挙式後の会食やパーティは基本的には行わない

招待ゲストがいないため、基本的には披露パーティはありません。
挙式後はすべてふたりきりの自由時間。観光やダイビングなどのアクティビティを堪能できます。
「挙式の後は二人で豪華ディナーを楽しみたい!」という方は、ゆっくり食事が取れる場所をあらかじめ予約しておきましょう。

ふたりだけの沖縄結婚式に必要な準備と期間は?

ふたりだけの沖縄結婚式に必要な準備と期間は?

ふたりだけの結婚式の大きなメリットとして、ゲストを招待しないため、結婚式のための準備がほとんど必要ないことが挙げられます。一般的な結婚式に必要となる準備やタスクと、ふたりきりの結婚式準備に必要なタスクを比較してみましょう。

  一般的な結婚式の準備 ふたりきりの結婚式の準備
会場検討と契約 お互いの招待ゲスト数をピックアップし、収容可能な会場をピックアップ。気になる会場を下見した後、費用を見積り検討の上で契約申込み。 ふたりの予定が合う時期に気になる挙式会場が空いているか問い合わせ。プランナーからの説明後に契約申込み。
打合せ回数 3~5回 1~2回
ゲスト招待の準備 ・ゲストへの招待状用意と出欠確認
・ゲストの席次を検討
・ゲストの席に席札やメニューなどペーパーアイテムを用意
・料理コースと飲み物の種類、ランク、提供方法の選択
・ゲストひとりひとりにギフトや引き出物を選択し購入。場合によっては送り分けも必要
・必要なし
(結婚報告のために旅行中にお土産を購入することも)
プログラム準備 ・挙式と披露宴のプログラム作成
・ゲストへのスピーチ依頼
・自分たちからゲストへの挨拶やスピーチ準備
・余興依頼や演出の準備
・必要なし
(フラワーシャワーや演奏グレードアップなど演出オプションの検討)
会場装飾の準備 ・装花など会場デコレーションの打合せと費用見積り
・希望によってはふたりで手作りする装飾を準備
・必要なし
(プラン内に会場装飾も含まれる)
新郎新婦ふたりの準備 ・衣裳合わせ
・ブーケ/ブートニアの検討と依頼
・美容
・衣裳合わせ
・ブーケ/ブートニアの検討と依頼
・美容
・リゾート地への旅行手配と準備

ふたりだけの結婚式で必要な準備内容は挙式プラン申込みと旅行手配のみ

一般的な結婚式準備で最も多くのタスクを占めるのは、ゲストへのおもてなし準備と、パーティの演出や会場装飾の準備。パーティの内容や規模によっては、担当プランナーとの打合せ回数がさらに増加する可能性も。
いっぽうで、ふたりだけの結婚式の準備に必要なタスクは、衣裳合わせやリゾート地への旅行手配などふたりの準備のみ。
申込み後に必要な準備は衣裳や撮影プラン、ブーケ・ブートニアの検討やドレス試着打合せのためにサロン来店が必要な程度です。

検討や問い合わせはいつから?通常、申込みから最短2週間で挙式が可能

沖縄でふたりきりのリゾートウェディングを行うためには、まずは挙式をおこなう会場に予約申込みが必要になります。挙式の予約は通常挙式予定日の1年前からの申込みが可能です。
沖縄でも特に人気のチャペルは、休暇のとりやすい土日祝日や大型連休、挙式に適したシーズンは申込みが非常に多いことが予想されますので、できれば早めに空き状況を確認したほうが良いでしょう。また毎年、11月22日(いい夫婦の日)などは人気がありますので、1年前より早く相談するのがおすすめです。
一般的なリゾートウェディングの問い合わせ、予約申込みは、8ヵ月~6ヵ月前が一番多くなっています。

「申込みから最短で挙式を挙げたい!」という方には、ワタベウェディングのWEB限定申込みプラン【EASY】がおすすめです。希望の会場の空き状況がインターネットでどこからでも確認可能なため、希望の日時に会場の空きがあれば、申込みから最短2週間で、沖縄挙式が叶えられます。

準備の開始時期はいつ?こだわるなら準備期間3ヵ月は必要!

準備の開始時期はいつ?こだわるなら準備期間3ヵ月は必要!

ふたりだけりの結婚式に準備はほとんど必要ありませんが、挙式の演出を充実させたり、思い出作りにとことんこだわりたい場合は、少なくとも3ヵ月前から、リサーチや手配をおこなうことをおすすめします。

旅行手配は挙式4ヵ月~3ヵ月前から開始

沖縄は日本屈指のリゾート地なので、結婚式に適した晴れた日が多い季節や、休暇のとりやすいシーズンは観光人気も高まります。航空券の予約やお目当ての宿泊地がある場合には、できるだけ早い予約がおすすめです。
また、一般航空会社では、早く予約すればするほど、航空券の運賃が安くなる早割「早期購入割引」を利用できます。早割の種類は航空会社によって異なりますが、75日前や80日前といったものがあり、早く予約するほど割引率が高くなります。

美容準備は挙式4ヵ月~3ヵ月前から開始

ブライダルエステの多くのコースプランの期間は3ヵ月ほど。一番美しい姿で当日を迎えたいのなら、4ヵ月~3ヵ月前の開始がおすすめです。

衣裳準備は挙式4ヵ月~3ヵ月前から開始

ワタベウェディングのリゾート挙式の衣裳準備は、『レンタル』『セミオーダーで自分たちにぴったりのドレスを購入する』のどちらかを選択できます。
沖縄で結婚式をする場合、「ふたりきりの結婚式の後にお披露目会を行いたい」「帰ってから後撮り撮影をおこないたい」…などの理由から、衣裳を購入する方が多いようです。セミオーダーの場合、挙式日に間に合わせるためには3ヵ月前から予約申込みが必要になります。

結婚指輪の準備は挙式3ヵ月~2ヵ月前から開始

挙式の指輪の交換のために必要なふたりの結婚指輪。ある調査によると、結婚指輪の検討期間期間に平均1.4ヵ月ほどかけています。また、結婚指輪はデザインや石の大きさや種類を決めた後に、ふたりのためにまったく新しいものをつくることがどの店舗でも一般的で、決定から納品まで1ヵ月ほどかかります。そのため、結婚指輪を準備するなら3ヵ月前、遅くとも2ヵ月前から検討準備を始めましょう。

フォト撮影準備は1ヵ月~2週間前から開始

フォトや動画を撮影するなら、できれば撮影時間を思い切り楽しむためにふたりの表情やポーズ、撮影小物にこだわたいもの。どんな写真を撮るか考えたり、撮影に持ち込む思い出の品を準備しましょう。撮影の参考は、インターネットやSNSで事前に情報収集するのがおすすめです。

ふたりだけの沖縄挙式に必要な滞在期間と旅行スケジュール

ふたりだけの沖縄挙式に必要な滞在期間と旅行スケジュール

沖縄はパスポートがいらない南国リゾート。フライト時間は海外旅行に比べると少なくて済むため、滞在日数もそこまで必要ありません。
ハワイウェディングの平均滞在日数は 7.7日、日本から近いとされるグアムウェディングでも 5.3日という結果に。
沖縄ウェディングの新郎新婦の平均滞在日数は3.2日と短い日数で十分楽しめる環境です。忙しいふたりでも、旅行の予定を組みやすいという大きなメリットがあります。

沖縄での結婚式で平均的な滞在日数は2泊3日~3泊4日

沖縄でふたりきりの結婚式に必要な滞在日数は2泊3日。じっくり、のんびり観光を楽しみたい方は3泊4日あれば十分に楽しむことができます。
また、沖縄離島である宮古島や石垣島は、いま最も注目のリゾート地。新空港の開設や近年羽田・関空・名古屋から直行便が就航し、アクセスも本島とほぼ変わりません。季節限定で福岡からも直行便が運航されていることも。帰りのフライトを那覇経由にして、本島での観光もあわせて楽しむこともできます。

沖縄・宮古島・石垣島までのアクセス時間

・沖縄本島
東京から那覇まで約2時間40分
大阪から那覇まで約2時間

・宮古島
東京から直行便で約2時間45分
那覇から宮古島まで約50分

・石垣島
東京から直行便で約3時間
那覇から石垣島まで約1時間

沖縄滞在中のモデルスケジュール例を紹介

沖縄滞在中のモデルスケジュール例を紹介

挙式だけなら1泊2日あれば十分可能ですが、新婚旅行として思い出作りも楽しみたいなら、2泊3日以上の滞在がおすすめです。
挙式前日に最終打合せをすることが多いのですが、夕方のサンセットタイムから挙式をする場合、当日の午前中に打合せを行うこともあります。
沖縄の挙式会場の多くは有名なビーチリゾート内や観光地にあるため、挙式だけでなく、リゾート内で楽しむディナー、ダイビングなどのアクティビティや観光は、移動時間を気にすることなく計画できます。

沖縄滞在1日目

朝(8:00~12:00)
 飛行機に搭乗・出発

昼(12:00~16:00)
 空港に到着 タクシーでリゾート内のホテルへ移動

夜(16:00~20:00)
 ふたりで挙式前夜のお食事とホテルステイを楽しむ

沖縄滞在2日目

朝(8:00~12:00)
 早朝より挙式のお仕度開始
 午前中から挙式セレモニー

昼(12:00~16:00)
 挙式後にドレスやタキシードのままでフォト撮影。希望によってはビーチロケーションでのフォトツアーも計画可能
 挙式後に観光やアクティビティなどの予定を入れることも可能

夜(16:00~20:00)
 ホテルやリゾート内、または街に出て思い出作りのディナーなど、夜を満喫

沖縄滞在3日目

朝~昼(8:00~16:00)
 自由行動。アクティビティや観光を楽しむ

夜(16:00~20:00)
 空港へ移動
 飛行機に搭乗し帰途

沖縄でのふたりきりの結婚式の挙式当日の流れ

沖縄でのふたりきりの結婚式は、挙式後にゲストとの会食や披露パーティがないため、準備から挙式後のフォト撮影を含め、4~5時間で完結します。挙式がどの時間からスタートするかにもよりますが、挙式当日に沖縄リゾートをさらに満喫できるよう、予定も組みやすくなっています。

挙式スケジュールの進行例

08:15 お支度開始
10:15 ビーチ撮影開始
11:30 挙式開始
12:00 挙式後周辺撮影開始
※古宇利島 空と海の教会、11:30挙式の場合

沖縄でふたりだけの結婚式の平均費用相場。結婚式以外にどんな費用が必要?

沖縄でふたりだけの結婚式の平均費用相場。結婚式以外にどんな費用が必要?

沖縄でふたりだけの結婚式をおこなうために必要な費用は、挙式にかかる費用だけではありません。リゾートウェディングには、リゾート地までの旅行費用(航空料金・宿泊料金)とリゾートを楽しむための観光やお土産費用も必要になります。

沖縄ふたりだけの結婚式で挙式以外に必要な費用例

・旅行料金(航空料金・宿泊料金)
・観光、アクティビティ、お土産代…など

ふたりきりの沖縄挙式の料金相場は10万円~50万円

ふたりきりで挙式をおこなう場合も、ゲストを招待しておこなう挙式プランの内容とほとんど変わりはありません。リゾート地で挙式をおこない、美しい思い出を残すために最低限必要になる費用は『挙式・衣裳・撮影』です。
プラン料金はふたりが選んだ会場や申込み方法、組み込んだサービス内容によって変動し、一般的な沖縄での挙式料金の平均価格は 約45万円と言われています。(沖縄県調べ)

沖縄でのふたりきりの結婚式のプランに必要なアイテム例

・教会(または施設)使用料
・牧師や音楽奏者への謝礼
・介添え
・ブーケ&ブートニア
・新郎新婦の衣裳
・新婦のへアセット&メイク
・アルバム&撮影データ
・当日のブライダルコーディネーターのお手伝い

沖縄を楽しむために必要なふたりの旅行費用と観光費用

新郎新婦ふたりがリゾート地に赴き宿泊、挙式以外の日程で観光やアクティビティを楽しむための費用です。旅費は季節によって安い時期と高くなる時期があり、季節要因と滞在日数で大きく変動するため注意が必要です。
ちなみに沖縄のリゾートウェディングでは、新郎新婦の平均滞在日数は3.2日になっています。挙式後に帰宅した後の周囲への結婚報告や、休暇をとった会社への報告のために、お土産代も用意しておくことをおすすめします。

沖縄の平均的な1人当たりの旅行費用と観光費用

旅行費用平均 / 96,528円
ウェディング客一人当たりの観光消費額 / 78,316円

出典:令和1年沖縄リゾートウェディング統計調査結果(年間)/ 沖縄県観光振興課
出典:公財)日本交通公社_旅行年報2020

ふたりだけの沖縄挙式費用は安い?国内の一般的な結婚式と比較

ふたりきりの結婚式は一般的な結婚式に比べ費用が格安で済む、とさまざまなところで言われていますが、本当に安く済むのかを検証してみましょう。
一般的な結婚式では、ゲストからいただくご祝儀で結婚式費用の一部をまかない、新郎新婦が純粋に支払う金額を『自己負担金』と言います。その自己負担金額と比較しても、ふたりきりの結婚式にかかる費用は約1/2程度で済ませることができるのです。

  沖縄でふたりだけの結婚式 一般的な結婚式の平均金額
結婚式の費用 45万円 362.3万円
ふたりの旅行費用 20万円
ふたりの観光お土産代 16万円
ゲストからのご祝儀 227.8万円
ふたりの自己負担額 81万円 154.6万円

出典:令和1年沖縄リゾートウェディング統計調査結果(年間)/ 沖縄県観光振興課
出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

沖縄でふたりきりの結婚式をより充実したものに!おすすめオプションサービス

フォト撮影や動画撮影は納得のいくクオリティとサービスで

フォト撮影や動画撮影は納得のいくクオリティとサービスで

ふたりのスタートである挙式の映像データは、きっとこれからの人生で何度も見返したくなるはず。また周囲の親しい人たちは「ふたりの挙式の様子をぜひ見たい」と思っているでしょう。そのため、撮影データをすぐ見返せるようアルバムとして加工したり、記念品として親や親族にプレゼントするケースも多いのです。
また、ふたりの様子がリアルに伝わる動画撮影も人気です。
沖縄挙式後に親しい人たちへの報告をおこなうために『お披露目パーティ』を計画する人も多いですが、その際のパーティ演出に撮影した動画を使用するなど、さまざまな場面で撮影データが活躍します。

沖縄でふたりだけの結婚式のあとに『お披露目パーティ』もおすすめ

一般的に結婚式は、両家の親、親族、仕事の関係者、友人たちを招待し、「晴れて結婚した報告とふたりのお披露目」のという社会的な意味もあります。2人だけの結婚式の後には、周囲の人たちに結婚報告をおこなうことが必要です。
結婚報告には直接報告したり、結婚報告はがきやSNSを通じての報告などさまざまな方法がありますが、沖縄からの挙式と新婚旅行後に、改めてゲストを招待して会食や披露パーティをおこなう『お披露目パーティ』を計画することもおすすめです。
『お披露目パーティ』は本格的な結婚式のように行われるスタイルから、会費制のアットホームな1.5次会スタイル、親しい人たちのみの会食スタイルなど、招待したいゲストの顔ぶれに合わせて自由にスタイルを決めることができます。
ワタベウェディングでは、ふたりだけの沖縄ウェディングにあわせ、全国に提携するさまざまな『お披露目パーティ』の会場紹介や、お得なプラン手配なども併せておこなうことができます。

ふたりきりでおこなう沖縄結婚式の費用を格安に抑えたい!5つの節約方法

ふたりきりでおこなう沖縄結婚式の費用を格安に抑えたい!5つの節約方法

沖縄でのふたりきりの結婚式の費用をできるだけ安く抑えて節約したい、一般的な費用相場より格安料金で実現したい…そんなふうに考えている方も多いでしょう。
結婚式費用を節約、格安で実現するためには、5つの大きなポイントがあります。

節約ポイント1. 平日挙式を選ぶ

沖縄のふたりだけの結婚式費用を格安で抑える最も確実な方法は、平日限定の挙式プランを選択すること。プラン内容によりますが、平日料金と土日祝日料金では、同じプラン内容でも5万円~10万円ほども料金が変わってきます。
ゲスト招待がなく、ふたりの都合さえつけば叶うウェディングスタイルだからこそ、平日挙式プランが選択しやすいでしょう。

節約ポイント2. 旅行費用をできるだけ抑える

旅行料金は季節で大きく変動します。目的のリゾート地のオンシーズンとオフシーズンを把握し、旅行費用の変動を考慮に入れて計画を立てることが大切です。
特に、国内で人気が高いリゾート地である沖縄は、春休みや夏休みなどの長期の休暇期間や大型連休は、航空料金も宿泊料金も大きく割増しになります。
沖縄でお手軽な価格の旅費を検討するのであれば、一般的に沖縄観光のオフシーズンと言われている10月~2月がおすすめです。

節約ポイント3. リゾートウェディングのオフシーズン料金を利用する

リゾートウェディングの挙式プランにも、季節要因で料金の変動があります。挙式数が少なくなる「オフシーズン」は、通常よりもプラン料金が低く設定されているため、オンシーズンより費用を抑えることが可能です。

沖縄リゾートウェディングのオンシーズン、オフシーズン

オンシーズン
11月(2,140組)、10月(2,132組)、4月(1,968組)、3月(1,599組)の順に多い。
オフシーズン
1月(601組)、8月(625組)、12月(888組)の順に少ない。
出典:令和1年沖縄リゾートウェディング統計調査結果(年間)/ 沖縄県観光振興課

節約ポイント4. WEB予約専用の格安プラン『EASY』を利用する

ワタベウェディングでは、通常のカウンターで取り扱っているリゾートウェディングプランを、WEBで申込みすることで格安に提供されるリゾートウェディングプラン【EASY】を展開しています。 【EASY】のリゾートウェディングプランがリーズナブルになる理由は、基本的に専任のスタッフが付かずに、準備・申込みを自分でWEB上で手続きをするためです。スタッフの介入を最小限にすることで、そこにかかるコスト分を料金から割引し、非常にお得なプラン価格として提供しています。一般的な手順でのプラン申込みと比べると、平均で20~30万ほど安くなっています。
挙式に必要なアイテムがすべて揃って9.9万円から(2021年4月)というお手頃な価格でリゾ婚を挙げることができます。

節約ポイント5. フォトウェディングのみのプランを選ぶ

さらに挙式費用を抑える方法として、フォトウェディングプランを選択するという方法があります。
ワタベウェディングでは沖縄の本物のチャペルでフォトウェディングがおこなえます。挙式会場であるチャペルでの撮影を選べば、挙式とほぼ同じ流れで撮影を進行することも可能で、指輪の交換や誓いのキスなど、セレモニーの大切な要素を盛り込んだ内容が楽しめます。
また、会場は限定されてしまいますが【シンプルウェディングプラン】では、フォトウェディングとシンプルな挙式セレモニーをおこなえる上、料金も格安になっています。

沖縄でのロマンティックなふたりだけの結婚式におすすめの会場

古宇利島 空と海の教会/沖縄本島

古宇利島 空と海の教会/沖縄本島

ライトプラン
¥190,000~
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
ビーチ撮影(映像商品お申込みの方対象)
古宇利オーシャンタワー入園料大人2名様分
※費用はプランやシーズンによって異なります。詳しくは詳細ページでご確認ください

フォトジェニックなチャペルでおこなうふたりきりの挙式

沖縄版「アダムとイブの物語」が残される沖縄有数の聖なる島にある【古宇利島 空と海の教会】は、絶景を見渡すガーデンに佇む白亜の美しいチャペル。
古宇利島の鮮やかなスカイブルーと透き通ったエメラルドグリーンに包まれた白亜の独立型チャペルで、一生の記憶に残る挙式が叶えられます。周辺に観光スポットや人気のリゾートホテルも多いので、旅行期間が比較的短い、時間がとれないカップルにもおすすめの結婚式場です。

WEB予約専用の格安プラン『EASY』ならもっとお得に!準備・お申込みを全てWEB上でおこなうので通常の挙式より格安に叶えられます!

ふたりだけでガーデンウェディングがしたいあなたにおすすめのチャペル

バニヤンツリー・ガーデンウェディング/沖縄本島

バニヤンツリー・ガーデンウェディング/沖縄本島

ライトプラン
¥190,000~(税込)
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※費用はプランやシーズンによって異なります。詳しくは詳細ページでご確認ください

ふたりきりで祝うナチュラルガーデンウェディング

【バニヤンツリー・ガーデンウェディング】は、エメラルドグリーンの海が見えるガーデンでウェディングが叶う沖縄でも希少な場所。精霊が宿る多幸の木と言われるバニヤンツリーの下で、ふたりきりで永遠の愛を誓います。
リゾートならではのゆったりした時間を楽しめるよう、1日2組限定プランに。碧い空と海を眺めながら沖縄らしいロケーションを楽しめる「デイタイム」と、沖縄本島の西海岸に広がる幻想的な景色を一望できる「サンセットタイム」、趣の異なった2種類の時間帯から選択できます。
また、会場となるガーデンは恩納村「ホテルムーンビーチ」のリゾートホテル内にあるため、移動なしでステイや観光が可能。世界有数のダイビングスポットでアクティビティも楽しめます。

MAP沖縄・本島のマップ

カレンダー

雄大な自然をカラダ全体で感じられる沖縄本島

息を呑むほど美しいビーチや、ドライブに最適な絶景スポットも多数点在する沖縄本島。
世界遺産にも登録されている首里城をはじめとする琉球王国の史跡などを巡ればちょっとしたタイムスリップ気分に。

INFORMATION沖縄・本島の基本情報

日本からのアクセス

東京から那覇まで約2時間40分
大阪から那覇まで約2時間

旅行日程目安

2泊3日

気候・ベストシーズン

4~10月

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

WEDDING SCHEDULEウェディングスケジュール

※挙式日のスケジュールは会場により変わる場合があります。

DAY1 写真:現地到着

現地到着

現地に到着されたら、ホテルでゆっくり過ごしたり、フリータイムを楽しんで。
挙式に備えて体調を万全に整えましょう。
※お申込みの内容により、前日にご来店いただく場合がございます

DAY2 写真:挙式

挙式

永遠の愛を誓うセレモニー。ゲストとの記念撮影も特別なものに。

DAY2 写真:フォトツアー

フォトツアー

フォトグラファーが沖縄の自然に映える表情を撮影します。

DAY2 写真:ウェディングパーティ

ウェディングパーティ

リゾートならではの絶景と美味しい料理を満喫するパーティを。

DAY3 写真:自由行動

自由行動

優雅なホテルステイを楽しんだり、観光やショッピングに出かけたり、沖縄旅を満喫!

AFTER WEDDINGアフターウェディング

沖縄観光のマストスポット

  • 写真:美ら海水族館
    美ら海水族館

    世界最大級の水槽「黒潮の海」には、ジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、カラフルな熱帯魚を多数展示。

  • 写真:沖縄の世界遺産
    沖縄の世界遺産

    沖縄の世界遺産は9つ。有名な首里城や今帰仁城、中城城など琉球王国のグスク及び城跡が歴史を物語る。2日以上かけてじっくり巡ろう。

  • 写真:沖縄アンフード
    美浜アメリカンビレッジ

    北谷町にある大型シーサイドリゾートタウン。広大な敷地には商業施設やアミューズメント施設が充実。

沖縄本島で遊ぼう!

  • 写真:那覇国際通り
    那覇国際通り

    お土産探しや屋台村グルメ、南国の食材が集まる市場などにも近い大人気エリア。

  • 写真:琉球村
    琉球村

    懐かしさを感じる赤瓦の琉球古民家が立ち並ぶ村を再現したテーマパーク。伝統舞踊エイサーは鑑賞だけでなく、一緒に踊って楽しむことも。

  • 写真:ティーヌ浜
    ティーヌ浜

    エメラルドグリーンの海に架かる橋を渡り古宇利島へドライブ。夕陽の絶景ポイントとしても人気。

WEDDING REPORT先輩カップルの挙式レポート

  • 写真:沖縄・本島
    自分達がやりたいと思った事をしたら、ゲストの方もよろこんでもらえると思います。
    (Y&A様ご夫婦)

    海が好きだったので、ビーチが近く海が見えるアクアグレイス・チャペルを選びました。ドレスや挙式の雰囲気に合わせ、小物を用意するのが大変でしたが、ブルーで統一が出来たので、写真撮影も楽しかったです。

  • 写真:沖縄・本島
    沖縄の海にあこがれて、リゾートウェディングを選びました。
    (T&S様ご夫婦)

    色が変えられるチャペルがすごく印象的で、海に近いチャペルでビーチ撮影もあったのが決め手でした。リゾート婚に詳しい方が多かったのと、打ち合わせの時に親切に対応して頂けたのが嬉しかったです。突然の妊娠でドレスなど悩みましたが、いろいろ対応して頂けて、無事に好きなドレスが着れました!

-RESERVATION-

先輩カップルの挙式を店舗でもっと見る

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

ABOUT WATABE
WEDDINGワタベウェディングだからできること

WEDDING CONCIERGEウェディングコンシェルジュ

沖縄の最新トレンドや観光情報などを熟知したウェディングコンシェルジュが、おふたりの沖縄ウェディングをトータルにご提案し、サポート致します。

  • 写真:岡田 麻衣
  • 写真:関口 真理
  • 写真:佐藤 華夏
  • 写真:細谷 香織
  • 写真:川原 規子
  • 写真:相川 聖友
CHAPEL挙式会場

ワタベウェディングはチャペル・式場数の取り扱いが多く、多彩なウェディングスタイルをご用意しております。
おふたりにぴったりのウェディングプランをご案内いたします。

横スクロールしてご覧ください

写真:チャペル

TOTAL SUPPORTトータルプロデュース

リゾートウェディング60万組以上の実績で、おふたりのウェディングをトータルプロデュースいたします。
挙式から衣裳、旅行、帰国後パーティまでお任せください。

  • ウェディング

    ウェディング

    全国の店舗で申込OK!
    60万組以上のお客様のリゾ婚を
    お手伝いしてきました。

  • ハネムーン

    ハネムーン

    挙式エリアの知識が豊富で、
    旅行の一括手配も可能です。
    (一部店舗を除く)

  • 衣裳

    衣裳

    ドレスはもちろんタキシードも
    バリエーションが豊富。
    ブランドコラボレーションドレスも人気です。

  • お披露目パーティ

    お披露目パーティ

    お披露目パーティもお任せください。
    会費制プランで多彩な会場から
    お選びいただけます。

  • 前撮り・後撮り

    前撮り・後撮り

    前撮り・後撮りから、結婚式代わりのフォトウェディングまで、
    様々なスタイルでの撮影が叶うスタジオがあります。

  • ウェディングフォト

    ウェディング
    フォト

    リゾートや海外ならではの
    ロケーションで写真を残せるのも
    リゾ婚の魅力です。

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

CONTENTSコンテンツ