EUROPEヨーロッパ現地スタッフのBLOG

ブログ更新終了のお知らせ

最新情報はワタベウェディング公式サイト・SNSでご確認ください。

現地の最新ウェディング情報をSNSで発信しています

パリ(フランス)

facebookinstagram

フィレンツェ(イタリア)

facebookinstagram

【フィレンツェ発】フォトプラン~ドゥオモ、シニョリーア広場、ミケランジェロ広場

2017.03.31

こんにちは。

今日ご紹介するのは、先月ウェディング・フォトプラン撮影をされた

T様&Y様です。

1327258-1.jpg

ドレスとタキシードを現地でお選びいただき、ドゥオモ広場から撮影スタート!

1327258-2.jpg

シニョリーア広場周辺は、ヴェッキオ宮殿からウフィッツィ美術館の回廊、ヴェッキオ橋を望むアルノ川まで

歩きながら撮影をします。

1327258-3.jpg

小径や回廊の円柱など、特別なモニュメントでなくても、いかにもフィレンツェの街らしい景色が撮れる

おすすめの追加撮影スポットです。

1327258-4.jpg

そして、街を一望するミケランジェロ広場へ! 

1327258-5.jpg

実は、お天気は不安定な一日で、厚い雲がかかったり風が強く吹いたりと

撮影コンディションとしては決して簡単ではなかったのですが、

カッコイイお二人とプロカメラマンの腕前で、写真はドラマチックな仕上がりになっていますね!

赤いブーケも景色の中でとてもよいアクセントになっています。

フィレンツェの魅力を余すところなく満喫できる、お二人の撮影プランはこちら

↓↓↓

2017 現地で選べる衣裳・撮影・メイク付 フィレンツェ メモリアルフォトプラン(ミケランジェロ広場周辺)

【フィレンツェ フォトプラン】フィレンツェ ロケーション追加撮影2箇所 ※納品枚数約20枚追加

LINEで送る

【フィレンツェ発】サマータイムはじまりました

2017.03.28

こんにちは。春まっさかりのイタリアです!

20170328-001.JPG

朝晩は10度以下に冷え込む日もまだありますが、日中は20度を超える日も多くなってきました。

気の早い欧米人の観光客は、もう半そでのTシャツで街を歩いていますよ!

そして先日の日曜日にサマータイムがはじまり、時間が1時間早くなりました。

夏時間になると、一気に季節が変わったなぁと実感します。

これから夏に向かってどんどん日がのびて、外で過ごすのが楽しい季節です。

20170328-002.JPG

ボーボリ庭園では、草むらから様々な野花が顔を出して春の訪れを告げていました。

地元の人もカップルやグループで日向ぼっこをしていたり、お昼寝をしていたり

のんびりと過ごしています。

そして、春といえばイースター。

今年は4月16日ですが、もう街のお菓子屋さんやバールのショーケースは

カラフルなたまごでいっぱいですよ!

この季節ならではのおみやげにいかがですか?

20170328-003.JPG

・・・ボーボリ庭園 Giardino di Boboli・・・

8時15分~18時30分

(春・秋。季節により閉園時間が変わります)

入場 大人7ユーロ(フィレンツェカードで入場可)

アクセス ピッティ宮殿正面から

LINEで送る

【パリ発】❀ルーブルで一夜限りのお花見❀

2017.03.27

ボンジュール ♪ 四つ葉のクローバー デコメ絵文字

仏ルーブル美術館側の提案で動き出した試みだそうですが、今日3月27日の夜、1夜限りのお花見がルーブル美術館の展示ホールで開かれるそうです。残念ながら一般の方への公開ではないようで、日仏文化交流の一大プロジェクトとしてフランス人のご招待客の皆様に花見を楽しんでもらうそうです。お花見 デコメ絵文字

日本から桜の枝3千本を輸出し、開花調整をしながら一斉に咲かせるという壮大な挑戦だそうで、美術館の展示ホールに、朝から桜並木の枝の広がりがイメージできるような飾り付けを目指すとか。日中はホールの天窓を暗幕で覆い、お花見も暗闇の中で開始し、ホール全体に照明がともされた時、その熱で桜を満開にするそうです。梅の花 デコメ絵文字梅の花 デコメ絵文字梅の花 デコメ絵文字

日本人は桜に特別な思いがあると言いますが、なんとも贅沢なお花見ですね~!キラキラハート デコメ絵文字 

ルーブルさん、次回はぜひ一般の人にも公開して下さ~い(笑)!ねこ(おーい) デコメ絵文字

SAKURA.png

♪♪Instagram ID watabe_wedding_paris

♪♪ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ まで

♪♪サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る

【パリ発】ヨーロッパ挙式のドレス選び

2017.03.25

ボンジュール♪♪

パリは26日から夏時間になります。日本との時差は-7時間。日もぐーんと長くなります。

さて今日はヨーロッパでのウェディングのためのドレス選びについてお届けします。

ご新婦様、一生に一度のウェディングドレス、どのように選びますか?

ワタベウェディングはレンタル、セミオーダーとも、デザイン・サイズ豊富なラインナップを揃えていますので、Aライン、プリンセスラインなどのシルエットから選んだり、あるいはELLE MARIAGE、BEAMSなどのブランドで選んだりできます。

DAPHNE-COLLAGE.jpg

ヨーロッパ挙式の場合、サイズオーダーされて現地まで手荷物で運ばれる方ももちろんいらっしゃいますが、ドレスを旅行の荷物と一緒に運ぶのは大変!と手ぶら出発レンタルを選ばれる方も多いです。

そこでドレス選びのワンポイントアドバイス

◎ドレスを挙式会場とともにイメージしてみてください!

教会ですとクラシカルな雰囲気、長いバージンロードにはトレーンが映えます。

シャトーは華やかなドレスがお似合い!?

◎動くことをイメージしてみてください!

ドレスを試着するときはあまり歩いたりしないと思いますが、実際はかなり歩きます。

フォトツアーをされる方はさらに歩きます。結構な運動量ですよ~。

生地が重いドレスは歩こうと思ったら足がなかなかあがらない・・・ということもあります。あとは歩いているうちにドレスの重さが腰に来て立っているのがつらいことも。

◎試着したらその時の体型をキープ!

ご新婦様は挙式前になると準備などで痩せてしまう方が多いのですが、そうするとドレスもサイズが合わなくなり、歩くとずり落ちてしまいます・・・

できるだけ同じ体型をキープしてみてくださいね。

イメージピッタリの衣装が見つかりますように♡

♪♪Instagram ID :watabe_wedding_paris

♪♪ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ 

♪♪サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る

【パリ発】☆パリでのショッピング☆

2017.03.22

パリでの旅行の楽しみのひとつはショッピング。

ハイブランドの本店や、日本未上陸のコスメ、スィーツなど、買い物好き女子(新郎様、ごめんなさい!)ならテンションが上がりっぱなしになりそう。

でも観光もしたい、挙式ももちろん、となるとなかなか1軒1軒のショップに行くのは時間がないこともあります。

そこでオススメなのはデパートでのお買い物。

有名ブランドのお店やコスメショップなどほとんどの有名なお店は揃っていますので、

効率よくお買い物ができます。

また、1軒1軒だとお買い物の金額によって免税できる額に達しないことがありますが、

(免税対象は175.01€以上。2017年3月現在)

デパートで買うと各ショップでのレシートの合計で免税手続きができる、という利点も!

ただ、一部の食料品などは対象外になることもありますが。

パリ店からも近いプランタン・デパートでは、カウンターはもちろん、日本語表示で操作ができる自動免税申請機(というのかな?)もあり、とっても便利ですよ。

♪♪Instagram ID :watabe_wedding_paris

♪♪ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ 

♪♪サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る