EUROPEヨーロッパ現地スタッフのBLOG

ブログ更新終了のお知らせ

最新情報はワタベウェディング公式サイト・SNSでご確認ください。

現地の最新ウェディング情報をSNSで発信しています

パリ(フランス)

facebookinstagram

フィレンツェ(イタリア)

facebookinstagram

【パリ発】Château de Santeny  シャトー ドゥ サントニー

2017.07.28

ボンジュール! 今年も日本は暑いようですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回はお取り扱いを始めたChâteau de Santeny  シャトー ドゥ サントニー

を紹介します。おかげさまでいろいろとお問い合わせいただいております。写真1.jpg

パリの南に約1時間程のSANTENYという場所にある、SANTENYという可愛らしいシャトーです。

写真2-1.jpg写真2.jpg写真3-4.jpg写真3-3.jpg写真3-2.jpg写真3-1.jpg

木々に囲まれたプライベートな空間で1日一組限定の完全貸切ですから

ゆったりとした気分で挙式に臨めます。

写真3-5.jpg

フレンチテイスト溢れるシャトー内は、どこを見ても素敵!

プリンセスな気分で写真撮影もお楽しみいただけます。

写真5-1.jpg写真4-5 .jpg写真4-4.jpg写真4-3.jpg写真4-2.jpg写真4-1.jpg

シャトー ドゥ サントニーは

フランス人のカップル達にも大変人気のある挙式会場です。

写真5-6.jpg写真5-5.jpg写真5-4.jpgシャトーのお庭での撮影。素敵ですね!

パリ店でお取り扱いしている会場のなかで、唯一このシャトーでは庭をデコレーションしたガーデンウェディングを承っております。(3月~10月)

挙式はシャトー内、ガーデンのどちらかお選びいただけます。

写真6-5.jpg写真6-4.jpg写真6-3.jpg写真6-2.jpg写真6-1.jpg

こちらは挙式後のシャンパンパーティー。

写真-シャンパン.jpg

こちらはオプションのコーディネーター付きパーティープランのイメージです。

写真7-軽食.jpg写真7-軽食2.jpg写真7-1ケーキカット.jpg

お問い合わせはこちら↓

*******

現地スタッフが随時アップ Instagram :watabe_wedding_paris

ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ 

サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る

【パリ発】NEW!新商品レペットのレインシューズ

2017.07.22

今回は雨の日でも気にせずに履ける、レペットの新商品をご紹介いたします。

ラバーソールのバレリーナシューズの登場です!

051717A.jpg

ゴム底なので雨でも水が染み込まないようになっています。

また、インソールも厚みがありクッション性があるので、履き心地も快適です。

黒いインソールは、靴を脱いだ時も汚れが気にならず便利。

作りはバレリーナシューズと同じ伝統製法のため一つづつ手作り。軽くてしなやかです。

突然の雨でも、安心ですね!

パリでは日本より、かなりお安く買うことが出来ます。

オペラ座の近くのル・ド・ラ・ペ店には、日本語の対応できるスタッフが常時います。

こちらの店舗に限り、ワタベのお客様には、レペット商品をお買い上げになりますと

レペット特製のかわいいプレゼントがいただけます!

パリ店でのお打ち合わせ時に、カードをお渡ししていますが、

お打ち合わせの前に行かれる方は、ワタベと伝えていただければ、プレゼントがいただけます!

051717.jpg

現地スタッフが随時アップ Instagram :watabe_wedding_paris

ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ 

サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る

【パリ発】シャリス・ロワイヤル・チャペル バラ園

2017.06.26

ぼんじゅ~る☆

パリ郊外の挙式会場はお庭がステキなところばかり。

フレスコ画とステンドグラスが美しいチャペルと、

スタイリッシュなフォトが撮影できる教会遺跡のある

シャリス・ロワイヤル・チャペル。

5月から6月下旬にかけて、美しいバラが咲き乱れるバラ園をご紹介します。

バラ園に入ると、バラのよい香りがたちこめています。

いろいろな種類のバラが植えられており、可愛らしいベンチやアーチもあります。


P062617-4.jpgP062617-2.jpgP062617-3.jpg
P062617-1.jpg

パリから車でたった1時間程度とは思えないほど牧歌的な雰囲気。

時間が経つのを忘れてしまいそうです。

バラのシーズンでなくても、庭園はきれいに整えられているので

ヨーロッパらしいシーンが撮影できますよ。

詳しくはこちらから。

♪♪Instagram ID :watabe_wedding_paris

♪♪ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ 

♪♪サイトで簡単お申込みは WATABE.COM

LINEで送る

【パリ発】歴史ある「シャリス・ロワイヤル・チャペル」

2017.05.08

お取扱いをスタートした「シャリス・ロワイヤル・チャペル」。

おかげさまでいろいろとお問い合わせをいただいております。

P050817-1.jpg

さて、こちらのチャペル、もとは修道院だった領地にありますが大変古い歴史があります。

フランス国王ルイ6世が王家の修道院をここに設立したのは1137年のこと。日本では鎌倉時代の初期のことです。

挙式を行うチャペルが建てられたのが1255年から1260年ごろ。

写真を見てもわかるように、パリのサント・シャペル教会(ここのステンドグラスは必見!)や、サンジェルマン・デ・プレ聖母教会と似た建築様式です。

もちろん修復されていますが、結婚式を歴史の深い場所で行えるのはヨーロッパならではです。

P050817-2.jpg

スタイリッシュな映像が残せる教会遺跡。

この教会は13世紀初頭に建てられ、大きさはパリのノートルダム寺院と匹敵するほど壮大なもの。

実際に歩いてみると、本当に広さを感じます。

P050817-3.jpg

そして現在、美術館となっている修道院だった建物。こちらが建てられたのが18世紀。

200年以上は経っていますが、他の建築物に比べると「最近」なんです。

P050817-4.jpg

歴史に見守られてのウェディング、パリで実現してくださいね。

♪♪Instagram ID watabe_wedding_paris 

♪♪ヨーロッパ挙式のご相談は ヨーロッパウェディングコンシェルジュ まで 

LINEで送る