沖縄の結婚式に招待するのはゲストに迷惑?コロナ禍・時期・旅費…安心して参列してもらうために注意すること

沖縄などリゾート地での結婚式に、大切な人を招待する際、ゲストから「迷惑だ」と思われないよう、配慮したい点や招待前に決めておきたいポイントを解説します。また、新型コロナウイルス感染症の先行きが見えないなか、リゾート挙式に対し「ゲストを招待しても大丈夫?」と不安な方も多いでしょう。ワタベウェディングによる『コロナ禍の結婚式に対する意識調査』の結果をもとに、結婚式へのリアルな感じ方を紹介。また実際に沖縄で結婚式を挙げた花嫁の体験談を参考に、コロナ禍でもゲストに不安なく出席してもらえるポイントをお伝えします。

沖縄などリゾート地の結婚式に招待されたゲストが迷惑に思う主な理由は?

沖縄の結婚式に招待されたゲスト

miya227 - stock.adobe.com

リゾ婚は、非日常空間で開放的かつ感動的な結婚式と旅行を体験できる、生涯で忘れられない思い出作りにぴったりのウェディングスタイルです。
しかし一方で、挙式会場は一般的に「遠方」と呼ばれる地域にあるため、参列する方には、通常の結婚式と比べると、費用や移動などで調整してもらうことが多くなる可能性が考えられます。

リゾ婚に招待されたゲストが迷惑だと感じる原因

リゾート地での結婚式に招待されたゲストが参列をためらう主な原因として、主に5つの理由が挙げられます。

【沖縄などリゾートウェディングに参列するゲストが参列をためらってしまう理由例】
1. 費用の問題
・参列のために旅行費用がかかる
・大型連休、夏休みといった旅行費用が高くなるシーズンの結婚式
2. スケジュールの問題
・遠方のため宿泊が必須であり事前に休暇取得が必要になる
・平日挙式の場合や、仕事の兼ね合いで祝日でも休暇がとれない場合もある
3. 参列の服装や移動の問題
・リゾートウェディングに参列するための服装や準備に困る
・公共交通機関が少ない場合、移動が困難
4. プライベートの問題
・高齢、体調不良、小さな子どもがいる、多忙…など、プライベートな問題で遠方への移動や滞在に不安がある
5. コロナ禍による感染リスク
・コロナ禍によるスケジュール変更の可能性や感染に対する不安

招待する前にゲストを不安にさせない準備が必要

リゾート地での結婚式にゲストを招待する場合、事前に新郎新婦が、ゲストが抱えるであろう不安を予測し、出欠判断で悩まないよう配慮できる提案について話しあいましょう。
招待時にふたりが不安を軽くできるよう務めているとゲストに伝われば、迷惑だと思われることはありません。

沖縄の結婚式に参列するための旅行費用の不安への対応方法

沖縄の結婚式

沖縄などリゾートウェデングでゲストを悩ませる大きな理由が旅行費用です。
結婚式では、遠方までお祝いに駆け付けてくれたゲストの航空費用や宿泊代を、感謝の気持ちを込めて『お車代』として新郎新婦が一部負担するのがマナーとされています。
しかし、リゾートウェディングの旅行費用は、一般的な結婚式のお車代より高額になる傾向で、ゲストだけでなく新郎新婦側も対応に悩んでしまうケースも多いようです。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・参列のための旅行費用
・ご祝儀の用意
・大型連休、夏休みに挙式予定だと航空券や宿泊費が高くなる

ゲストに旅費を負担してもらうなら招待前の事前連絡で伝えるのがベスト

現在、国内リゾートウェディングでは、ゲストの旅行費用負担の考え方は『ゲストの旅費、宿泊費を負担しない変わりにご祝儀を辞退する』が主流になっています。
招待したゲストに旅行費用を負担してもらう代わりに、ご祝儀は辞退し、セレモニーや挙式後の会食やパーティを用意して楽しんでもらいます。
ご祝儀を辞退すると事前にしっかりと伝えておけば、お車代をお渡ししない場合でも失礼にはあたらないでしょう。

『お車代』を新郎新婦側が負担する場合のゲストへの対応方法

ゲストの旅費を負担する場合は、出発地や滞在日数に関わらず、一律でゲスト1人あたり3万円~5万円程度がお車代を用意することが相場になっているようです。またお車代を負担するなら、一般的には事前に伝えるケースは少なく、当日に受付などでお渡しする流れが多いでしょう。
リゾートウェディングは少人数参列のケースが多く、受付を設けない場合もあります。受付がない場合は、新郎新婦(またはふたりの両親)からお車代を渡します。
新郎新婦は当日慌ただしく、お車代をお渡しするタイミングが難しいこともあるので、事前に両親にお車代を渡してもらえるように頼んでおきましょう。両親がゲストにお車代を渡すタイミングは、挙式前のゲスト控室で待っている時間がおすすめです。

大型連休や夏休みといったリゾートの繁忙期を避ける

ゲストの旅行費用の負担を減らしたいなら、大型連休や夏休みといったリゾートの繁忙期を避けるのもひとつの配慮方法です。
一般的に沖縄旅行の旅費は、7月から8月の夏休み時期が価格のピーク。年間で見ると、夏以外で「お正月」「春休み」「ゴールデンウイーク」「シルバーウイーク」といった大型連休期間とその前後は、一時的に料金が高くなる傾向です。
本来はオフシーズンで旅費が安くなる9月中旬~10月でも、シルバーウィーク前後の旅行料金は高騰します。
また年末年始はお正月を暖かな沖縄で過ごしたい人が集中するため、一時的なハイシーズンとなり、値段は急激に上がるので、挙式時期検討には注意が必要です。

沖縄の結婚式を計画するのに適した季節について詳しくはこちらから
沖縄リゾートウェディングに最適な時期は?雨や台風をさけた結婚式のベストシーズン

沖縄の結婚式に参列するためのスケジュール調整への不安はどのように対応する?

沖縄の結婚式に参列するためのスケジュール調整

Nishihama - stock.adobe.com

家族や大切なゲストと素敵な思い出をつくるためにリゾートウェディングを計画しても、ゲストの都合を無視した招待の伝え方や挙式予定時期によっては、不安を感じさせてしまう恐れもあります。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・結婚式のための休暇取得
・平日挙式や時期によっては休暇がとれない場合も

招待したいゲストには挙式予約の前にリゾ婚を検討していると伝える

挙式の正式な申し込みをする前に、ふたりが『リゾートウェディング』を希望していると、両家の親や絶対に出席して欲しい人に伝えておきましょう。特に両家の親には、納得して沖縄まで出席してくれるか、事前の確認は必須です。
リゾートでおこなう結婚式はなんとなく知っていても、年配の方や両親世代では馴染みのない方が多く戸惑うケースもあります。
確認をとる際は、「航空での移動を伴う旅行である」「ゲストの旅行費用と手配の負担方法」について説明ができるようにふたりの考えを決めておくと、承諾を得やすくなります。

ゲストが休暇を取りやすい時期、または絶対に休めない時期をヒアリングする

沖縄などリゾートへの挙式は、新郎新婦だけでなくゲストも宿泊を伴います。招待したい方に、あらかじめ休暇が取れる時期や、絶対に休めない時期を確認しましょう。
特に平日の挙式開催を考えているなら、ゲストには早い時期から挙式予定日を伝え、休暇取得が可能かどうかを考えてもらう必要があります。
また、小学生以上の子どもがいる親戚や兄弟を招待する場合には、学校が長期休みになる時期に挙式をすることも検討しましょう。

沖縄の結婚式に参列する服装や滞在中の過ごし方への不安に対する気遣い

沖縄の結婚式に参列する服装

taka - stock.adobe.com

沖縄はじめリゾート地での結婚式は、普段自分たちが住む地域とは気候や環境が異なり、非日常空間を楽しめる場所です。
いっぽうで、服装はどうすればいいのか?滞在中はどう過ごそうか?など、ゲストが準備することも増えるため、手間や面倒さを感じさせてしまうことも考えられます。
リゾートでの結婚式を快適に過ごし楽しんでもらうため、新郎新婦から衣裳や滞在先について提案し、不安を取り除いてもらえるようにしましょう。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・リゾートウェディングに参列するための服装や準備
・公共交通機関が乏しい時の移動手段(自動車運転が必要な場合も)

ゲストが参列する服装のドレスコードは新郎新婦が具体的に説明

リゾート地での結婚式は、地域の伝統的な挙式会場や結婚式に特化したチャペル、ビーチやガーデンなど、幅広いウェディングスタイルで行われます。また、沖縄での結婚式の服装マナーは比較的ゆるやかで、ドレスコードは新郎新婦の意向で決まります。
まずはふたりが決めた会場の環境や挙式スタイルを確認したうえで、雰囲気にあったドレスコードや服装について新郎新婦が話し合いましょう。ゲストに招待状を送る時に、挙式会場や服装について、わかりやすい説明を加えると良いでしょう。
同時に、女性ゲストには「現地でのヘアセットやメイクが必要な場合は手配しますのでおっしゃってください」と伝えられると、親切で喜ばれます。

沖縄の結婚式に参列するゲストの服装や具体的なコーディネートについて詳しくはこちらから
沖縄の結婚式に参列するゲストの服装!人気のかりゆしコーデや気をつけたいマナー

両家族の服装の格は新郎新婦が仲介してそろえる

沖縄結婚式の家族の服装

リゾートウェディングの親や親族の服装は、一般的な結婚式のように正礼装の「紋付袴、黒留袖」「ブラックスーツ、フォーマルドレス」である必要はありません。
他の一般ゲストと同じように、かりゆしウェアやサマードレスなどの南国の雰囲気を楽しめる、気候にあった着心地のよい服装が人気です。 ただし、片方の家の親が正装をして出席するのに、片方の家の親はリゾートフォーマルだった…といった事態にならないよう、事前に新郎新婦が間を取り持って服装の格やテイストをそろえるよう決めておくとよいでしょう。
新郎新婦から両家の親へ、結婚式で着用してもらうかりゆしウェアやワンピースをプレゼントとして用意するケースもよく見られます。

ゲストにおそろいの衣裳やブライズメイド・アッシャーを依頼するには

ゲスト全員でおそろいのかりゆしウェアを着用したり、ブライズメイドやアッシャーを依頼して、記念に残るフォト撮影を希望する方も増えています。
衣裳準備や費用は新郎新婦が負担し、事前にゲストへかりゆしウェアやおそろいの衣裳をプレゼントするケースが多く、特に両親へ贈る場合、一緒に選んでプレゼントすると喜ばれます。
また、招待状にドレスコードを指定をして、各自用意していただく場合もあります。
おそろいのワンポイントのアクセサリー(タイやチーフ、靴下、ブレスレット、コサージュ、ミニブーケ)を手配し、ギフトとしてプレゼントするアイデアもおすすめです。服装は違っても、おそろいアイテムを身に着ければ統一感がでます。

車の運転ができないゲストやリゾートでゆっくり過ごしたい方への配慮

リゾート地での移動やアクセスへの配慮も大切です。「沖縄のようなリゾート地は、自動車移動が必須なのでは?」「空港からの移動時間がかかるのでは?」と不安になるゲストも多いでしょう。
空港からリムジンバスなど公共交通機関が利用可能なアクセスのよい場所に挙式会場を選んだり、挙式会場周辺にホテルの選択肢が多いリゾートを選ぶなど配慮しましょう。
ホテル・飲食店・観光施設・マリンスポーツなどアクティビティ・娯楽施設などのそろうリゾートなら、自動車移動がなくても十分沖縄らしい楽しみを満喫できます。
ワタベウェディングでは、一部会場でゲストの送迎付き旅行プランを用意しています。また、挙式会場から徒歩圏内のホテルをご紹介できます。

体調面などゲスト側のプライベートな問題への不安はどのように配慮する?

沖縄結婚式に招待されたゲストの悩み

taka - stock.adobe.com

ゲストの状況によっては、リゾ婚に招待することで負担をかけてしまったり、悩ませてしまうケースがあります。
また招待する時だけでなく、式当日や滞在中にも特に気配りが必要になる方もいるでしょう。
年配の方、小さな子どもがいる方、マタニティの方、仕事が忙しい方など、具体的にどんな立場の人に、どんな配慮が必要かを解説します。

【ゲストの不安・心配ポイント】
・祖父母など高齢の方、妊娠中の方などの体調
・小さな子ども連れゲストが長時間の移動・滞在・挙式参列に抱える不安
・仕事など多忙により短時間しか滞在できない

出席に不安のある状況の方へは配慮のある対応を

年配の方、小さい子どもがいる方、妊娠中の方、仕事の忙しい方など、早い時期での出席の判断が難しい方には、出欠の最終判断までの返信期間を、他のゲストより長めにとるようにしましょう。
ウェディングプランナーと相談し、キャンセル料金がかからないギリギリの判断でも、臨機応変に対応できるようにするとお互い安心です。
また、出席の際には不安要素をできるだけ取り除いてもらえるように、サポートとして何ができるかを具体的に伝えておくと、招待されたゲストも前向きな検討ができるでしょう。

年配の方や小さい子どもがいる方への配慮方法

空港から滞在先、滞在先から挙式会場までアクセスがスムーズな立地のホテルを紹介または手配してあげましょう。
年配の方を招待する場合には、体調面を気遣うのは元より、宿泊先をユニバーサルデザインに対応したホテルを選ぶなど、過ごしやすい環境を用意しましょう。
小さな子ども連れの方には、挙式会場におむつ替えスペースやベビーシッター・託児所の手配が可能か、子どもの好き嫌いやアレルギー対応・お子さま料理の用意、ベビーカーでも動きやすいバリアフリーか…など、子どもの年齢に応じて確認し、事前に伝えましょう。

妊娠中の方への配慮

妊娠中の方へは、飲み物や料理について、体調に配慮して個別対応が可能かどうかや、式中にひざ掛けやクッションなどの用意が可能か、ウェディングプランナーに確認しましょう。
万が一の自体も想定して、当日対応してくれる会場スタッフにも事前に伝えておきましょう。

コロナ禍でもゲストに不安なく結婚式に出席してもらうために

沖縄結婚式に招待されたゲストの悩み

miya227 - stock.adobe.com

国内リゾートウェディングは、コロナ禍でありながら、招待に関して比較的好意的に捉えられる要素の高い結婚式と言われています。
しかし、実際に招待する場合は、ゲストの不安や心配を解消するために、招待方法だけでなく、ゲスト選びやウェディングスタイルも工夫すると、より安心して参列していただけるでしょう。
コロナ禍でも、ゲストに不安なく、沖縄での結婚式に出席してもらえるポイントを紹介します。

招待打診時にふたりの決断の理由を説明

結婚式への出席を打診する際に、「コロナ禍のいま、あえて結婚式をおこなう理由や気持ち」が、しっかりと説明できるよう、ふたりで考え話し合っておきましょう。
例えば「こんな時期だからこそ三密回避できる開放的なリゾート地で家族の絆を深めたい」「大勢を招待する結婚式のために先延ばしにするより、入籍の喜びを大切な人たちだけで分かち合いたい」というように、なぜこの時期にしたのか明確な理由がわかれば、ゲストからの共感や安心が得られやすくなります。

少人数開催であることを招待状に明記する

リゾートウェディングは少人数での開催になりますが、招待状では「結婚式=披露宴」と表記して発送する場合も多いため、「披露宴的な大人数の宴会ではない」という説明を加えましょう。
挙式までの間に感染状況が変化した際は、ゲストとこまめに連絡を取り、相手が不安に思わないよう臨機応変に対応しましょう。

結婚式会場での感染対策を詳しく説明する

沖縄の結婚式会場の感染対策については、招待の打診時に、また招待状発送の際は別紙にて、できるだけ具体的に、詳しく伝えるのがベストです。
例えば、ワタベウェディングでは打ち合わせから挙式まで、お客様にかかわるあらゆる場面のすべてを見直した上で、安全と安心を確保するために、2020年6月1日より「安心への5つの約束」を掲げ、公式に発表しました。
基本的な感染対策だけでなく、衣裳試着、美容・メイク施術、国内・海外における撮影内容などあらゆるシーンを想定し、感染症に配慮し対応した100項目以上の新基準を設け厳守しています。

「安心への5つの約束」~新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取り組み~

式場が感染対策について詳しく紹介しているWEBサイトのURLを送ったり、どんな感染対策をしているか説明している動画もあるので、併せてゲストに見ていただき安心して参列してもらいましょう。

他にも、コロナ禍でおこなわれた実際の挙式の写真や動画を見てもらうことで、「感染対策をおこない、きちんと挙式をおこなっている人がいる」という安心感につながります。

ゲストの招待範囲と招待方法は感染リスクに配慮する

【感染リスクを考慮すると結婚式出席をためらう立場例】
・小さな子どもや受験生がいる
・高齢者と同居している
・高齢者である
・医療・介護関係者である
・妊娠中である
・自身が基礎疾患を抱えている…など

沖縄での結婚式の招待範囲を決めるとき、さまざまな事情から「出席をためらう可能性のあるひと」に結婚式の招待をしてよいか迷ってしまうケースも多いでしょう。
リゾート地での結婚式は、全員が仲良く楽しめる関係性かどうかを見極め、少人数を選ぶ傾向で、コロナ禍ではより招待人数を減らしている状況です。しかし、誘わない方がよいと勝手に判断して、打診をしなかった場合、相手から「誘われなかった」とがっかりされてしまうケースも考えられます。
結婚式に本来であれば招待したいが、「感染リスクを考慮すると結婚式出席をためらう立場」の方へは「こんな状況だから欠席してもらっても構いません」といった出欠判断がしやすい言葉を加え、判断は本人に任せるのがベターです。

「ゲストを招待しない」選択でも幸せな結婚報告が可能なウェディングスタイル

【沖縄挙式にゲスト招待なしでも思い出を共有できるウェディングスタイル】
・沖縄からオンライン結婚式を配信
・沖縄挙式後に、日を改めてお披露目パーティを開催
・地元で大切なひとたちとフォトウェディング

国内リゾートウェディングでは、コロナ禍でのゲストの感染リスクを避けるため、呼びたい人を全員呼べない状況から、ふたりきり、もしくは家族のみを招待しての結婚式を選択するカップルも増加しています。
しかし、結婚式の晴れ姿を大切な人に報告したい気持ちや、思い出の共有を諦めなくても大丈夫。
コロナ禍の今だからできる、新たなウェディングスタイルで結婚式をお祝いするアイデアを紹介します。

沖縄から結婚式を配信『オンライン結婚式』

オンライン結婚式

オンライン結婚式とは、新郎新婦の結婚式やパーティの様子をビデオ通話システムを使ってオンラインで配信し、会場外の遠くにいるゲストにリモート参加してもらう結婚式です。
リモートでの結婚式参加が選択肢に加わり、コロナ禍でも三密を防ぎ、感染予防やゲストの事情に配慮した結婚式が計画可能になりました。
通常はリゾートウェディングに招待できず報告のみだった人たちとも、オンライン参加によって同じ結婚式の思い出を共有できるでしょう。

オンライン結婚式について詳しくはこちらから
沖縄での結婚式をオンライン配信して世界中で参列可能に!リモートウェディングの魅力や楽しみ方

沖縄挙式から日を改めて『お披露目パーティ』を開催

一般的な結婚式では、親族、友人、会社関係など、すべてのゲストを対象に一度にパーティを行いますが、沖縄などリゾート地の結婚式では、大勢のゲストを一度に招待するケースは少なく、少人数のゲストを招待するスタイルが主流です。沖縄での挙式後、リゾートから帰宅して後日(通常は挙式から1~2ヵ月以内)改めて地元でお披露目パーティをおこない、結婚報告をするウェディングスタイルが選択されてきました。
コロナ禍では、挙式後すぐにお披露目パーティをおこなわず、感染状況や規制緩和のタイミングを見て計画するカップルが増えています。

地元で大切な人と家族写真『フォトウェディング』

両親や家族など本当は招待したかった大切な家族も、コロナ禍を考え沖縄の結婚式に招待できない場合は、挙式は沖縄でふたりだけでおこない、フォトウェディングプランを利用して家族写真を撮る方法もおすすめです。
ワタベウェディングのフォトスタジオでは、フォトウェディングプランはスタジオ撮影、ロケーション撮影ともに、新郎新婦だけでなく、親や家族といった少数の撮影参加者を追加しての撮影が可能です。
両親や大切な家族と地元のスタジオで、全員が和装洋装などフォーマルな装いでの撮影は温かい思い出作りにぴったりです。

和装・洋装スタイルが選べる!スタジオフォト 基本プランは平日 ¥8,800(税込¥9,680)~
ワタベウェディング フォトスタジオ店舗一覧

コロナ禍での沖縄の結婚式は迷惑?ゲストの本音や最新の沖縄ウェディングの現状は?

最新の沖縄ウェディング

新型コロナウイルス感染症により、結婚式を見合わせるカップルも多い中、三密を避け少人数開催が可能な国内リゾートウェディングが注目と人気を集めています。
実際、2020年秋から2021年夏にかけて、コロナ禍でも2048組ものカップルが、ワタベウェディングの沖縄プランを選択し、挙式しています。
しかし、先行きが不透明なコロナ禍の状況や、感染リスクへの恐れから、結婚式開催や招待について、ゲストが本当のところ、どのように考えているのか不安な方も多いでしょう。
ワタベウェディングでは、コロナ禍の2020年10月、25~34歳の未婚・既婚男女400名に「withコロナ時代の結婚式参列に関する意識調査」を発表しました。

国内リゾート婚はコロナ禍でも「招待されてうれしい」結婚式

「withコロナ時代で(※国内・海外旅行再開後)招待されて嬉しいと思う結婚式はどれですか?」といった質問をし、複数選択で答えてもらったところ、1位は「国内リゾートウェディング」(43.5%)でした。挙式参列経験者のうち、「国内リゾートウェディング」に参列した経験がある人は7.6%でしたが、withコロナ時代では半数近い人が招待されて嬉しいと感じていると分かりました。
withコロナ時代に適したウェディングスタイルとして、国内リゾートウェディングは好意的に受け止められているようです。

withコロナ禍で招待されたら嬉しいと思う結婚式はどれですか

Q.withコロナ禍で招待されたら嬉しいと思う結婚式はどれですか(複数回答)

コロナ禍で国内リゾート婚が安心できる理由

コロナ禍でも招待されたい結婚式として「国内リゾートウェディング」と答えた人に理由を聞いてみたところ、1位は「少人数なので密にならなくて安心」(42.0%)、2位は「自然の中で行う開放的な空間の挙式会場のため密にならない」(41.4%)がランクイン。
多くの人が、リゾートウェディングを歓迎する理由に「密にならない安心感」を求めている人が多いと分かりました。

withコロナ禍で招待されたら嬉しいと思う結婚式に『国内リゾートウェディング』をあげた理由は何ですか

Q.withコロナ禍で招待されたら嬉しいと思う結婚式に『国内リゾートウェディング』をあげた理由は何ですか?(複数回答)

withコロナ、アフターコロナ時代に結婚式に招待されたいタイミング

withコロナ、アフターコロナの時期で「どのタイミングであれば結婚式に参列したいと思いますか?」といった質問に最も当てはまる回答を選んでもらったところ、「特に気にしない」(34.3%)と答えた人が一番多く、2位「抗ウイルス薬の開発後」(25.8%)、3位「緊急事態宣言が出ていなければ」(20.7%)が続きました。
ワクチン1回目接種が70%以上進み(※2021年10月の進行状況です)、緊急事態宣言の緩和が見え始めた現状では、80%以上の人たちが、結婚式招待に好意的であると考えられるでしょう。

どのタイミングだったら結婚式に参加をしたいと思いますか?

Q.どのタイミングだったら結婚式に参加をしたいと思いますか?(単一回答)
出典:「withコロナ時代の結婚式参列に関する意識調査」/ワタベウェディング2020年10月発表

コロナ禍の結婚式についてリアルな最新状況を知ろう

コロナ禍での国内リゾートウェディングについて、検討や計画を始める前に、リアルな現状や結婚式を挙げた先輩たちのリアルな体験談を知りたい方も多いでしょう。
ワタベウェディングでは、結婚式をいま挙げるべきか迷っている方に、沖縄のリアルなウェディング状況を説明し、結婚式への不安について、オンラインでいつでもどこからでも、気軽に相談をお受けする窓口「かんたん15分相談」を開設しました。

来店不要の無料オンライン相談の予約はこちらから
リゾ婚オンラインカウンター「かんたん15分相談」

コロナ禍の沖縄で幸せな結婚式を挙げた先輩カップルのリアルな体験談を読もう

ワタベウェディングでは、コロナ禍でも、さまざまな問題をクリアして“やっぱり「リゾ婚」にして良かった!”と語る先輩カップルの沖縄挙式体験談を沖縄各チャペルごとに掲載しています。どのように幸せな時間を作ったか、実例を参考にしましょう。

アクアグレイス・チャペル挙式レポート
アラマンダチャペル挙式レポート
古宇利島 空と海の教会挙式レポート
クルデスール・ウェディング挙式レポート
シギラミラージュ ベイサイドチャペル挙式レポート
アクアルーチェ・チャペル挙式レポート
※ムーンビーチセレクションは2021年ニューオープン会場のため体験談は準備中です。

withコロナ、アフターコロナの新しい時代の結婚式を体感できる沖縄のチャペル

クルデスール・ウェディング/石垣島

クルデスール・ウェディング/石垣島

ライトプラン
¥238,000~
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※費用はプランやシーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

2022年1月、新たに誕生するガーデンウェディング&上質な5つのウェディングストーリー

石垣島は2013年に新空港が開設、LCC就航などで利便性が高まり、日本でも有数の美しい星空と美しい海に包まれる魅惑のリゾート地として、沖縄県内でも注目度急上昇しています。
島内唯一の独立型チャペルとして絶大な人気を誇るクルデスール・チャペルには、2022年1月から新たに【クルデスール・ガーデンウェディング】が登場!
海風を存分に感じられる新ガーデンウェディングと、沖縄の美しい海をイメージしたチャペルウェディング…2つのウェディングスタイルから選んでいただけるようになりました。さらには、太陽・海・風・大地・星空…石垣島の壮大な自然から「5つの祝福」を受けられるウェディングストーリーが展開します。
至高の新ウェディングプランを、ぜひ体感してください。

ムーンビーチセレクション/沖縄本島

ムーンビーチセレクション/沖縄本島

ライトプラン
¥190,000~
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア(白デンファレとグリーンのラウンド)
リングピロー(レンタル)
※費用はプランやシーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

2021年6月にニューオープンした「1日2枠限定」ガーデンウェディング

沖縄本島の恩納村は、ハレクラニ、インターコンチネンタル、ハイアットリージェンシーなど、名立たるホテルが集まる特別なリゾートエリア。『ホテルムーンビーチ』は、オールドハワイをテーマに恩納村に最初に誕生したホテルです。最高の立地に広い敷地を確保したため、最も美しいガーデンを有しています。
沖縄では希少な海への眺望を楽しめるムーンビーチの絶景ガーデンで叶えられる【バニヤンツリー・ガーデンウェディング】につづき、【マヒナ・ガーデンウェディング】が2021年6月にオープン!
ゆったりした時間とプライベート感を大切にするため、どちらも1日2組限定のプランです。青い空と海を眺め、沖縄らしいロケーションを存分に楽しめる、プライベート感いっぱいの開放的なウェディングをぜひ体験してください。

MAP沖縄・本島のマップ

カレンダー

雄大な自然をカラダ全体で感じられる沖縄本島

息を呑むほど美しいビーチや、ドライブに最適な絶景スポットも多数点在する沖縄本島。
世界遺産にも登録されている首里城をはじめとする琉球王国の史跡などを巡ればちょっとしたタイムスリップ気分に。

INFORMATION沖縄・本島の基本情報

日本からのアクセス

東京から那覇まで約2時間40分
大阪から那覇まで約2時間

旅行日程目安

2泊3日

気候・ベストシーズン

4~10月

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

WEDDING SCHEDULEウェディングスケジュール

※挙式日のスケジュールは会場により変わる場合があります。

DAY1 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(1枚目)

現地到着

現地に到着されたら、ホテルでゆっくり過ごしたり、フリータイムを楽しんで。
挙式に備えて体調を万全に整えましょう。
※お申込みの内容により、前日にご来店いただく場合がございます

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(2枚目)

挙式

永遠の愛を誓うセレモニー。ゲストとの記念撮影も特別なものに。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(3枚目)

フォトツアー

フォトグラファーが沖縄の自然に映える表情を撮影します。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(4枚目)

ウェディングパーティ

リゾートならではの絶景と美味しい料理を満喫するパーティを。

DAY3 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(5枚目)

自由行動

優雅なホテルステイを楽しんだり、観光やショッピングに出かけたり、沖縄旅を満喫!

AFTER WEDDINGアフターウェディング

沖縄観光のマストスポット

  • 写真:美ら海水族館
    美ら海水族館

    世界最大級の水槽「黒潮の海」には、ジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、カラフルな熱帯魚を多数展示。

  • 写真:沖縄の世界遺産
    沖縄の世界遺産

    沖縄の世界遺産は9つ。有名な首里城や今帰仁城、中城城など琉球王国のグスク及び城跡が歴史を物語る。2日以上かけてじっくり巡ろう。

  • 写真:沖縄アンフード
    美浜アメリカンビレッジ

    北谷町にある大型シーサイドリゾートタウン。広大な敷地には商業施設やアミューズメント施設が充実。

沖縄本島で遊ぼう!

  • 写真:那覇国際通り
    那覇国際通り

    お土産探しや屋台村グルメ、南国の食材が集まる市場などにも近い大人気エリア。

  • 写真:琉球村
    琉球村

    懐かしさを感じる赤瓦の琉球古民家が立ち並ぶ村を再現したテーマパーク。伝統舞踊エイサーは鑑賞だけでなく、一緒に踊って楽しむことも。

  • 写真:ティーヌ浜
    ティーヌ浜

    エメラルドグリーンの海に架かる橋を渡り古宇利島へドライブ。夕陽の絶景ポイントとしても人気。

WEDDING REPORT先輩カップルの挙式レポート

  • 写真:沖縄・本島
    自分達がやりたいと思った事をしたら、ゲストの方もよろこんでもらえると思います。
    (Y&A様ご夫婦)

    海が好きだったので、ビーチが近く海が見えるアクアグレイス・チャペルを選びました。ドレスや挙式の雰囲気に合わせ、小物を用意するのが大変でしたが、ブルーで統一が出来たので、写真撮影も楽しかったです。

  • 写真:沖縄・本島
    沖縄の海にあこがれて、リゾートウェディングを選びました。
    (T&S様ご夫婦)

    色が変えられるチャペルがすごく印象的で、海に近いチャペルでビーチ撮影もあったのが決め手でした。リゾート婚に詳しい方が多かったのと、打ち合わせの時に親切に対応して頂けたのが嬉しかったです。突然の妊娠でドレスなど悩みましたが、いろいろ対応して頂けて、無事に好きなドレスが着れました!

-RESERVATION-

先輩カップルの挙式を店舗でもっと見る

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

ABOUT WATABE
WEDDINGワタベウェディングだからできること

WEDDING CONCIERGEウェディングコンシェルジュ

沖縄の最新トレンドや観光情報などを熟知したウェディングコンシェルジュが、おふたりの沖縄ウェディングをトータルにご提案し、サポート致します。

  • 写真:岡田 麻衣
  • 写真:関口 真理
  • 写真:佐藤 華夏
  • 写真:細谷 香織
  • 写真:川原 規子
  • 写真:相川 聖友
CHAPEL挙式会場

ワタベウェディングはチャペル・式場数の取り扱いが多く、多彩なウェディングスタイルをご用意しております。
おふたりにぴったりのウェディングプランをご案内いたします。

横スクロールしてご覧ください

沖縄の結婚式・挙式のウェディングスタイル

TOTAL SUPPORTトータルプロデュース

リゾートウェディング60万組以上の実績で、おふたりのウェディングをトータルプロデュースいたします。
挙式から衣裳、旅行、帰国後パーティまでお任せください。

  • トータルプロデュース(ウェディング)

    ウェディング

    全国の店舗で申込OK!
    60万組以上のお客様のリゾ婚を
    お手伝いしてきました。

  • トータルプロデュース(ハネムーン)

    ハネムーン

    挙式エリアの知識が豊富で、
    旅行の一括手配も可能です。
    (一部店舗を除く)

  • トータルプロデュース(衣裳)

    衣裳

    ドレスはもちろんタキシードも
    バリエーションが豊富。
    ブランドコラボレーションドレスも人気です。

  • トータルプロデュース(お披露目パーティ)

    お披露目パーティ

    お披露目パーティもお任せください。
    会費制プランで多彩な会場から
    お選びいただけます。

  • トータルプロデュース(前撮り・後撮り)

    前撮り・後撮り

    前撮り・後撮りから、結婚式代わりのフォトウェディングまで、
    様々なスタイルでの撮影が叶うスタジオがあります。

  • トータルプロデュース(ウェディングフォト)

    ウェディング
    フォト

    リゾートや海外ならではの
    ロケーションで写真を残せるのも
    リゾ婚の魅力です。

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

CONTENTSコンテンツ