沖縄でおしゃれなフォトウェディングを楽しむための基礎知識。費用相場や人気ロケーションを解説

沖縄で一生の想い出に残るフォトウェディングを計画するために、必要な知識と情報をどこよりも詳しく紹介します。最高の撮影を叶えるために役立つ費用相場、余裕のある準備とスケジュールの組み方、失敗談から学ぶおしゃれな撮影を叶えるスタジオ選びのコツなど。フォトウェディングに興味がある方、今から検討する方、これから申し込みする方は必読です。

フォトウェディングとは?沖縄でウェディングフォトを撮影する魅力やメリット

沖縄フォトウェディング

フォトウェディングとは人生で幸せな瞬間である「結婚」の想い出をかたちに残すウェディングイベント。衣裳を着用し、プロによるヘアメイクを施し、プロカメラマンによる写真撮影を行います。
選ぶプラン次第で、手軽な費用で気軽に結婚の記念を残すことができます。
フォトウェディングの撮影場所はスタジオセット内、チャペル、美しい景色の中…などさまざま。ふたりの希望する場所を自由に選ぶこともできます。
結婚式だけでなくフォトウェディングをしたい!というニーズも高く、そういった場合は「別撮り(前撮り・後撮り)」をおこなうこともあります。

フォトウェディングの魅力やメリットは「気軽さとお手頃な費用」

フォトウェディング最大の魅力は、通常の結婚式と比べると準備や費用、かかる時間などが少なく気軽におこなえる点です。
例えば費用面の安さで言うと、結婚式で着るウェディングドレス1着の平均料金(購入・レンタル含む)は25万~35万円程度ですが、フォトウェディングのプラン料金は新郎新婦ふたりの衣裳やヘアメイク、撮影にデータ、アルバム制作などさまざまなサービスを含めてもそれ以下の料金で用意されています。
準備は下着を用意する程度で、それ以外は手ぶらで撮影できるようになっています。

【フォトウェディングの魅力】
・結婚式と比べると費用はリーズナブル
・事前来店不要で準備が簡単
・撮影のロケーション、シチュエーション、構図やポーズも自由に選べる
・撮影時間は仕度も含め3~4時間程度なので忙しい人にもぴったり

フォトウェディングの人気は高まっていて、サービス内容も新郎新婦のニーズに合わせて多様化し、プランや撮影できるロケーションも充実しています。撮影時間を楽しむために、事前に小物を自作したりポーズを研究するカップルも増えています。
また、『両家の親や家族と一緒に』『出産後子どもと一緒に』『結婚後何年も経った夫婦の記念撮影』…など、「ふたりだけ」から「みんなと一緒に」「夫婦の記念に」自由に楽しむイベントとして、参加者の幅も撮影機会も広がってきています。

沖縄フォトウェディングの魅力は「この場所でしか撮影できない景色と過ごし方」

なぜいま、沖縄への注目度が高まっているのでしょうか。その理由として、ハワイやグアムにはない沖縄独自の魅力が再認識されているからです。
沖縄フォトウェディングで最も魅力的なのは、青空と海を活かした美しいウェディング写真を残せること。沖縄の青い海や白い砂浜の美しさは世界でも有名で、海外のビーチリゾートと比べても引けをとりません。ここだけでしか撮影できない美しい景色の中、想い出の1枚を残せます。

【沖縄でのフォトウェディングの魅力】
・世界でも屈指の美しい海を誇る沖縄で日本ではないようなフォトジェニックな撮影が可能
・新婚旅行を兼ねた非日常感、充実のリゾート体験が楽しめる
・パスポート申請など海外旅行のような面倒な手続きがいらないので準備も手軽
・滞在日数も移動時間も海外旅行に比べると短く、ふたりの休暇がとりやすい
・空きがあれば直前(通常1週間~3日前)での申し込みでも撮影可能
・日本語が通じるので要望も伝わり、気になることはすぐ質問できる
・旅行費用が海外旅行に比べると安く抑えられるので撮影のランクアップも可能

世界でも有数の美しいリゾートに気軽にいける上に、撮影費用も旅行費用も海外旅行より抑えることができます。
海外旅行を計画する場合、通常は1週間ほど休暇を取ることが多いですが、沖縄での挙式やフォトウェディングであれば2泊3日あれば撮影も旅行も充分楽しめます。
スケジュール調整がしやすく、思い立ったらすぐ実行できる手軽さが、沖縄フォトウェディングの人気を後押ししています。

沖縄フォトウェディングに必要な費用の相場。プラン料金以外でかかる費用は?

沖縄でのフォトウェディングに必要な費用相場

基本的なプラン料金に含まるアイテムや、人気のオプションサービスを事前に知っておくと予算をたてる時に便利です。フォトウェディングだけでなく、沖縄旅行を満喫するための費用もあわせて確認しておきましょう。

沖縄でおこなうフォトウェディングの費用相場の目安

沖縄でおこなうフォトウェディングは、実際に挙式をおこなうチャペル、ビーチ、緑豊かな沖縄らしい景色…といった美しいスポットに移動して撮影する「ロケーション撮影」が中心です。

沖縄のフォトウェディングの費用相場…10万円(オープン価格による平均値)
一般的なロケーション撮影の費用相場…16.8万円(ボリュームゾーンは10万~25万円)
出典:令和2年沖縄リゾートウェディング統計調査結果(年間)/沖縄県観光振興課
出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020

沖縄でのフォトウェディングプランのオープン価格は10万円前後。ですが実際に撮影したカップルがかかった費用金額のボリュームゾーンは10万円以上~25万円程度と、基本プラン以外に撮影をより楽しむためのサービスを追加したり、グレードアップを希望していることがうかがえます。

基本的なフォトウェディング費用とプラン内に含まれるアイテム例

【費用相場:約2万円~】
最もシンプルなフォトウェディングプランに含まれるアイテム例
・現地レンタル衣裳(新郎新婦用・料金上限あり)
・基本小物レンタル(衣裳に合わせる靴やアクセサリー)
・ヘアセット&メイク(新婦のみ)
・造花ブーケ&ブートニア
・撮影料
・台紙付写真1枚(台紙送料は別途必要)
・アテンドスタッフ

【費用相場:約7万円~】
上記のサービスに撮影データを含んだフォトウェディングプラン

一般的なフォトスタジオや撮影会社で『格安料金』として提示されているプランの内容です。
衣裳の着付けやプロの手によるヘアメイクもサービスに含まれているため、シンプルなウェディングフォト撮影を楽しめる内容になっています。
ただし、ここで注意しなければならないのは『撮影データ渡し』が含まれていない点です。通常、5万円以下の安さで目を引くプランには撮影データが含まれていないことがあります。
撮影データが20~100カットつくプラン料金は、プラス5万円ほど高くなるのが相場です。

撮影に追加したい時に必要なオプション&ランクアップの費用

フォトウェディングの撮影内容をより満足度の高いものにしたいというニーズに応え、『オプション』で追加するサービスや、衣裳や小物の質を『アップグレード』することで料金が発生します。
このようなアイテムは基本料金には含まれていないので、ふたりが必要なものを追加していきます。

【フォトウェディングのオプションサービス例】
・衣裳グレードアップ料金(基本プランに含まれる上限料金を超えた差額分)
・生花ブーケ&ブートニアのアップグレード料金
・新郎ヘアメイク料金
・動画撮影&編集料金
・アルバム料金
・土日祝日料金、シーズン料金
・データ追加料金
・撮影データ修正料金
・ベビーシッター料金
・挙式料金…など

これらの料金は自分が予想していたよりもフォトウェデング費用が上がったと感じる要因になる料金でもあります。
衣裳をアップグレードする人の割合は高く、フォトウェディングの予算を立てる際にはその分も見積もっておくと誤差を感じづらくなるでしょう。また撮影とともにアルバム制作を依頼する割合は49.9%と、ニーズが高いオプションアイテムです。
その他にもフォト映りが格段に良くなる『新郎のヘアメイク』や、フォトウェディング後改めて結婚式を計画している人に人気が高い『動画撮影』など、ふたりの状況や希望に沿った快適な撮影ができるサービスが整っています。

沖縄の滞在時間を楽しむために必要なふたりの旅行費用と観光費用

フォトウェディングの撮影場所を沖縄に希望した理由のなかで「新婚旅行を兼ねた想い出作りをしたい」という方も多いでしょう。費用の中には、旅行や観光を楽しむ費用、帰宅した後の周囲への結婚報告や、休暇をとった会社への報告のために必要なお土産代なども含める必要があります。
沖縄のリゾートウェディングやフォトウェディングでは、新郎新婦の平均滞在日数は3.2日になっています。

【沖縄での平均的な1人当たりの旅行費用と観光費用】
沖縄のウェディング客一人当たりの観光消費額 / 100,347円
出典:令和2年沖縄リゾートウェディング統計調査結果(年間)/沖縄県観光振興課

一般的に沖縄旅行の旅費は、7月から8月の夏休み時期が価格のピーク。夏休み以外の時期は比較的安定した料金です。
年間で見ると、夏以外で「お正月」「春休み」「ゴールデンウイーク」「シルバーウイーク」といった大型連休期間とその前後は、一時的に料金が高くなる傾向です。
本来はオフシーズンで旅費が安くなる9月中旬~10月でも、シルバーウイーク前後の旅行料金は高騰します。また年末年始はお正月を暖かな沖縄で過ごしたい人が集中するため、一時的なハイシーズンとなり、値段が急激に上がるので注意が必要です。

フォトウェディングの撮影費用を節約するには?

フォトウェディングの費用節約のコツ、満足度の高い格安料金プランの選び方のコツとして、4つのアドバイスがあります。

【フォトウェディング費用を節約する4つのポイント】
1. ふたりにとって必要な撮影サービスを厳選する
2. 土日祝日を避け平日撮影プランを利用する
3. オフシーズンのプランや特典を利用する
4. 旅行費用が安くなる観光オフシーズンに予約する

フォトウェディングのプラン料金は申し込み希望者が多い土日祝日のプラン料金が、平日のプラン料金より平均して2万円ほど高い相場になっています。そのため、ふたりの都合がつくなら平日に撮影することで節約になります。
また、ふたりがフォトウェディングで重視する点を明確にしておくことも大切です。
例えば「データのついていないプラン」と「データ付きプラン」で費用は変わりますが、アルバムを制作する予定がない場合やリビングなどに飾る写真だけが欲しいなら、撮影した中から最もお気に入りの1枚をしっかり選ぶことができます。
しかしフォトウェディングでは、ふたりの表情やポーズを細かく追って撮影するため、撮影データはその時の気持ちを思い返せる大切な記念になります。
ふたりの想い出をしっかり残しておきたいのであれば、「データ付きプラン」を購入することをおすすめします。

沖縄フォトウェディングの人気ロケーション。おしゃれな撮影が叶う場所は?

沖縄フォトウェディング

沖縄は同じ日本とは思えないほど豊かな自然や文化を反映した、豊富なロケーションに恵まれています。沖縄ならではのフォトジェニックな撮影が可能な、人気のロケーションスポットを紹介します。

日本ではここだけしか味わえない海の碧さ!ビーチロケーション

沖縄本島:北谷周辺ビーチ・喜瀬ビーチ・アラハビーチ・渡具知ビーチ・宜野湾マリーナ
石垣島:前栄里ビーチ
宮古島:前浜ビーチ・砂山ビーチ・イムギャーマリンガーデン

日本国内で最も透明度が高い沖縄の海。エメラルドグリーンに輝く海は、世界でも有数の美しさと言われており、最高のビーチフォトロケーションです。また、沖縄の海の美しさの秘密は、絵に描いたような白い砂浜と太陽の光を反射する遠浅のビーチにあります。日本では沖縄でしか体験できない、最高に美しいビーチでの撮影時間を堪能してください。

沖縄ロケーション対応 国内ロケーションフォトプラン

沖縄で味わう極上の時間。サンセットロケーション

沖縄本島:北谷周辺ビーチ・喜瀬ビーチ・アラハビーチ・渡具知ビーチ・宜野湾マリーナ
石垣島:前栄里ビーチ
宮古島:前浜ビーチ・砂山ビーチ・イムギャーマリンガーデン

沖縄のサンセットの大きな魅力は、日が沈む瞬間の美しい光景だけではありません。時間帯や季節や気温によって、赤、オレンジ、パープル、ピンク…様々な色に表情を変えるのです。時間によって色彩が変わるはかなくも美しい一瞬一瞬や、奇跡のようなサンセットの光景を堪能してください。そしておふたりの自然な表情やポーズを、カメラマンが丁寧に撮影します。

本物の挙式会場で撮影!チャペルロケーション

沖縄本島:喜瀬マリンビジューチャペル・アクアルーチェ チャペル・セントアンドリュースチャペル
石垣島:クルデスールチャペル
宮古島:シギラミラージュ ベイサイドチャペル・アラマンダチャペル

「フォトウェディングだけだと挙式ができない」と悩むあなたにおすすめなのが、本格的なチャペルでの撮影。バージンロード入場、指輪の交換、誓いのキス…本物の結婚式さながらに儀式の流れを追体験&撮影がチャペルなら可能に。誰もがあこがれる人気リゾートチャペルが、その日その時間、おふたりのためだけに貸し切りにできるのです。

沖縄ロケーション対応 チャペルでかなうフォトウェディング

ラグジュアリーな雰囲気を満喫!リゾート内やホテル内ロケーション

沖縄本島:かねひで喜瀬ビーチパレス・ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾート
石垣島:ANAインターコンチネンタル石垣 リゾート
宮古島:シギラセブンマイルズリゾート

日本でも他に類を見ないラグジュアリーリゾートやデザイン性の高いホテルが充実している沖縄。
そんな非日常空間のロケーションで、天候に左右されることなくフォト撮影を堪能できるリゾート内やホテル内でのゆったりとした時間を楽しんでください。

国内で異国を楽しめる!沖縄のタウンロケーション

沖縄本島:アメリカンヴィレッジ・港川外人住宅・瀬長島ウミカジテラス
宮古島:ドイツ文化村

アメリカをはじめ西洋文化に色濃く影響されている沖縄ならではのタウンロケーションを背景に、明るく解放的なデイタイムの撮影もおすすめです。
例えば北谷のアメリカンビレッジは、海外のような街の中でおしゃれでポップな撮影が楽しめる沖縄一のインスタ映えスポットです。

琉球の歴史と文化を感じる街並み、古民家、遺跡ロケーション

沖縄本島:座喜味城・厩舎&ビーチ&草原(読谷近辺)・中村家・むら咲むら・波上宮・壺屋やちむん通り
石垣島:竹富島
宮古島:かたあきの里

ひと味違った沖縄でのフォト撮影を楽しみたい方に、ぜひお勧めしたいのが、沖縄の古民家や座喜味城跡といった歴史と文化を感じるロケーションでの撮影です。
例えば座喜味城(ざきみぐすく・ざきみじょう)はユネスコの世界遺産にも登録されており、フォトウェディングと同時に沖縄の長い歴史を感じることができるスポットです。周囲に残る豊かな自然、小高い丘の上から海を一望できる景色を背景に、ロマンティックで情緒溢れるフォト撮影が楽しめます。

沖縄の豊かな自然…岬・公園など緑いっぱいのロケーション

沖縄本島:真栄田岬・残波岬・東南植物楽園・ビオスの丘・末吉公園・ガンガラーの谷
石垣島:竹富島・星空フォト
宮古島:東平安名岬・ユートピアファーム宮古島

沖縄には自然豊かな岬や公園など、亜熱帯の緑や手つかずの自然を楽しめるロケーションがたくさんあります。
例えば海岸国定公園に指定されている真田岬(まえだみさき)は、先端にある展望台から美しい海岸線が一望できる絶景スポット。西に残波岬、北東に万座毛、遠くには北部やんばるの山々が見渡せる雄大な光景の中で、ドラマティックな撮影が体験できます。

沖縄のフォトウェディングで心配な雨天や台風。悪天候の時はどうする?

沖縄のフォトウェディング

沖縄は日本国内でも雨や台風が多い地域です。どんなに晴れ日を予測し計画を立てていても、天気は完全にコントロールできません。
ビーチフォト撮影の当日に雨が降ったり、台風が接近した場合は、経験豊かな現地スタッフが2人のために全力で対応してくれます。

沖縄で雨と台風に注意したい時期は5月~6月と8月~9月

沖縄の梅雨時期となる5月~6月、台風の影響を受けやすい8月~9月は、降水量が多い時期です。ただ沖縄の梅雨はスコールのようざっと短時間で降った後、すぐにカラっと真っ青な晴天が広がる、本土とは異なる南国特有の天候です。
また、沖縄県は台風の影響を非常に受けやすい地域で、多い時期は6月~10月、特に8月下旬から9月上旬にかけて台風上陸数は多く、1ヵ月の大半が台風の影響を受けやすい状況です。
沖縄に接近する台風は本土に比べると勢力が強く、強風にも注意が必要で、飛行機の欠航も少なくありません。この時期に結婚式や旅行を計画する場合は、飛行機が欠航した時の対処法について事前に確認しておきましょう。

沖縄での結婚式やフォトウェディングのおすすめの時期や、天候や雨天、台風について、より詳しい情報はこちらをご覧ください。
沖縄リゾートウェディングに最適な時期は?雨や台風をさけた結婚式のベストシーズン

雨天や台風の場合、撮影会社の対応は?

沖縄の梅雨はざっと降ってすぐにやむ場合もあるため、雨の様子をみて撮影時間をずらす、ホテル内の撮影に切り替える、台風接近時の場合は時間をずらす…などふたりの希望を聞きながら、ふたりにあった最適な対応をおこないます。
小雨の中で撮影する際も、傘をもって雨の中を散歩するショットなど雨や小物を活かしたり、雨でも楽しめるような工夫をしています。
ワタベウェディングでは天候等の事情でビーチでの撮影ができない場合、沖縄滞在中の別日もしくは屋内での撮影となります。

沖縄のフォトウェディングで新婚旅行も満喫可能!余裕あるスケジュール例は?

沖縄のフォトウェディング

沖縄までのフライト時間は、東京からは2時間40分、一番遠い北海道からでも3時間45分程度で到着します。またフォト撮影だけなら、撮影時間は打ち合わせや仕度時間も含め4時間~5時間程度。1泊2日あれば計画可能です。
しかし、雨天や台風時期にビーチ撮影を希望する場合、日程変更の可能性を考えたり、新婚旅行として想い出作りを充分楽しみたいのであれば、2泊3日以上の余裕を持った滞在日数がおすすめです。

沖縄のフォトウェディングを含む旅行日程とスケジュール例

【沖縄滞在1日目】
朝(8:00~12:00)
 飛行機に搭乗・出発
昼(12:00~16:00)
 空港に到着 タクシーでホテルへ移動
夜(16:00~20:00)
 ふたりで撮影前夜の食事とホテルステイを楽しむ

【沖縄滞在2日目】
朝(8:00~12:30)
 早朝よりスタジオ入り
 打ち合わせ&衣裳合わせ(打ち合わせ約1.5時間)
 衣裳選びの後仕度開始(仕度時間約1.5時間)
 撮影開始(撮影時間約1時間)
 衣裳から着替え(帰り支度約30分)
昼(13:00~16:00)
 撮影スタジオ近くの観光やアクティビティを楽しむ
夜(16:00~20:00)
 ホテル内、または街に出て想い出作りのディナーなど、夜を満喫

【沖縄滞在3日目】
朝~昼(8:00~16:00)
 自由行動。沖縄のアクティビティや観光を楽しむ
夜(16:00~20:00)
 空港へ移動、飛行機に搭乗し帰途

沖縄フォトウェディングの撮影と時間の流れ

沖縄でおこなうフォトウェディングは4~5時間で完結します。ワタベウェディングでは、最も早い撮影スケジュールは早朝の6:00から仕度を開始することも可能なので、観光客が少ない時間帯の撮影を楽しむこともできます。
どの時間からスタートするかにもよりますが、短い時間で進行するので、フォトウェディング以外の観光やアクティビティの予定も組みやすくなっています。

【撮影スケジュールの進行例1 早朝スタート】
6:00 打ち合わせ&衣裳合わせ(マリンビジューサロン)
7:30 支度開始(マリンビジューサロン)
9:00 撮影開始
10:00 撮影終了
10:30 着替え後解散 ※喜瀬マリンビジュ―の場合
◎10:30には終了するため、午後はゆっくりランチや観光を楽しむ旅行スケジュールが可能

【撮影スケジュールの進行例2 ゆっくり午後からスタート】
14:00 打ち合わせ&衣裳合わせ(マリンビジューサロン)
15:30 支度開始(マリンビジューサロン)
17:00 撮影開始
18:00 撮影終了
18:30 着替え後解散 ※喜瀬マリンビジュ―の場合
◎14:00にサロン入りのため、午前中はゆっくりホテルステイやランチを楽しむ旅行スケジュールが可能

予約で特に避けてほしいのは「短時間で撮影が終わるから」と、沖縄到着の日や帰途につくフライト前に撮影スケジュールを申し込むこと。
沖縄は本土とは違って熱帯特有の短時間で目まぐるしく変わりやすい天候です。フライトのある日に撮影予定を組み込むと、少し待てば晴れたビーチで撮影が可能になる、または別日にビーチ撮影をずらすといった柔軟な変更が難しくなってしまうのです。
天候によって飛行機が時間通りに到着しないこともよくあるため、沖縄到着日に撮影予定を入れることも避けたほうが良いでしょう。

沖縄のフォトウェディングで失敗したくない!失敗談から学ぶスタジオの選び方は?

沖縄のフォトウェディング

ふたりだけで結婚の想い出が残せるフォトウェディングは、非常に便利で魅力的なサービスです。価格が安く準備がいらない手軽さがフォトウェディングのメリットだったはずが、急激なニーズの高まりと共に、サービスに対しての物足りなさや、期待していた出来栄えにならず失敗したと感じる人も増えています。
口コミに多い失敗談から、解決策やスタジオを検討する際のポイントを解説します。

失敗談1.アドバイザーとの打ち合わせ不足で不満

沖縄でのフォトウェディングは、撮影当日に1.5時間程度、打ち合わせと衣裳合わせを行います。「なんの準備がなくても思い通りの撮影ができる」とすべてスタイリスト任せ、ヘアメイク任せ、カメラマン任せで撮影に臨んでしまい、その場で具体的な希望を伝えることができず、撮影内容や仕上がりに不満を持ってしまうケースが多々あるようです。
後悔しないためには、希望のヘアメイク画像や撮影したいポーズを集めて事前に担当者に見せるとよいでしょう。

ワタベウェディングでは、実際に結婚式のプロデュースやサービスに携わるスタッフが、フォトウェディングも結婚式と同様のサービスクオリティで提供しています。カメラマン、ヘアメイク、コーディネーターと関わる人すべてが「結婚式」を熟知したスタッフなので、本格的な挙式をイメージした撮影アドバイスや、丁寧な接客による満足度の高いサービスで充実した楽しい撮影時間を楽しんで頂けます。

失敗談2.プラン料金が予想より多くかかったことへの不満

格安プランだと思って予約したら、予想以上に衣裳や小物が選べる範囲が少なかったり、追加サービスをその場で説明され言われるがまま追加していったら費用がとても高くなった…という後悔やトラブルが多いようです。
多くのスタジオでは、基本的に二人の希望を当日聞いて、サービスの見積りを出した後に契約するという流れになっています。そのため、二人がどんな撮影がしたいのか事前に決めておき、見積りに納得してから契約することが大切です。

ワタベウェディングでは、沖縄のフォトウェディングの予約はWEB申込みサイトページ【EASY by WATABE WEDDING】から可能です。
多くのフォトウェディングの公式ページではプラン料金の表示はあるものの、データ料金が含まれていなかったり、プラン内の衣裳金額の上限がいくらかなど、問い合わせなければ含まれているアイテムも費用も不明瞭なままです。
【EASY by WATABE WEDDING】では、撮影に必要な衣裳やヘアメイク、撮影データまで、各プランごとに含まれたアイテムを明記した上で料金で表記しているため、見積りなしでもお客様自身でご確認の上、納得してからお申込みいただけます。
また、マイページからは事前にオプション内容・料金の確認も可能なので、オプションも含めて事前に決済できます。
ドレスのランクアップに関しては、実際に現地でドレスを見てから、希望がある場合にアップ料金のみ支払う形になります。

失敗談3.理想通りの衣裳が選べなかった時の不満

フォトスタジオでは結婚式の衣裳を多く取り揃えていますが、プラン料金内で選べる衣裳の範囲は限られており、クオリティの高い衣裳を選ぶ際には有料オプションとなるケースが多々あります。
また「衣裳豊富」「プラン内で着放題」と書かれていたのに、種類は豊富でもデザインによってサイズの取り揃えがないというケースへの不満も多いのです。それに加え、衣裳がプラン内でも小物やアクセサリーが有料だった…ということも。
衣裳の種類やサイズが心配な場合は、事前に申し込んだプランの料金でどのような衣裳の種類が選べるかを撮影会社に直接確認しておいた方が良いでしょう。また、小物やアクセサリーの持ち込みが可能かどうかも事前に確認しておくことをおすすめします。

ワタベウェディングでは、リゾート地のロケーションに合わせて考え抜かれたオリジナルデザインや、現地でセレクトした豊富なラインナップの衣裳を取り揃えています。衣裳の種類の豊富さだけでなく、背後の編み上げの紐によってサイズを自由に変更できるため、どのデザインも自分にフィットしたドレスを美しく着ることができます。もちろん衣裳に合わせる靴やアクセサリーも基本プラン内でレンタル可能。
ウェディングを担当する専門知識が豊富なコーディネーターがおふたりの衣裳選びの相談にじっくりのってくれるため、体型や雰囲気、ロケーションにぴったりあった衣裳が見つかるはずです。

「フォトウェディングのみで後悔」してしまった理由。後悔しないためには?

沖縄のフォトウェディング

フォトウェディングは結婚式よりも気軽でリーズナブル。挙式や披露宴を行わない『ナシ婚』の増加によって、多くの新郎新婦に指示され選ばれています。しかし、多くのメリット以上に「結婚式をきちんとしなかった」ことへの不満や後悔が後から出てくるケースも多いようです。

【結婚式なし、フォトウェディングのみで後悔する3つの理由】
・両親に花嫁姿を実際に見せられなかった
・結婚式に憧れがあったのに挙式をしなくてよかったのか…と後悔する
・ゲストを招待できないため、大切な人に会えなかったことが寂しい

フォトウェディングのみでも後悔しないために、ニーズや費用に合わせたオプションプランや相談する場所も併せて紹介します。

親や兄弟など他の大切な人も撮影に参加可能

フォトウェディングは基本的には二人で撮影を行いますが、親、家族、友人など、少人数のゲストが参加した撮影も可能です。
参加可能人数や追加料金の規定は撮影会社によって変わってきたり、要相談の場合もあるものの、大方の場合は撮影場所に直接合流してもらっての撮影が可能です。
チャペルプランなら親や家族にフォトウェディングに参列してもらい、まるで結婚式をしたような撮影ができるオプションもあります。
参加の有無を一緒に撮影したい人に聞き、問い合わせ時に「二人以外の参加者も撮影可能かどうか」を確認することをおすすめします。

挙式ができるフォトウェディングプランを利用する

現在では撮影のみならず、チャペルや神殿などでシンプルな挙式も行えるフォトウェディングプランもあります。
ワタベウェディングでも、おふたりの結婚にとって最も大切な「挙式」と、一番幸せで美しい瞬間を想い出に残せる「フォトウェディング」をお得な料金でおこなえるプラン【シンプルウェディング】が用意されています。

挙式とフォトウェディングに迷いがあるなら相談会へ

フォトウェディングを選ぶ前に、後悔しないポイントとしては、自分が結婚の想い出を残す際に本心では何を求めているか、ふたりの間でしっかり話し合い、確認することが必要です。
ワタベウェディングでは、どちらを選んだらいいか迷った方への相談先として、各店舗やオンラインカウンターでのさまざまな個別相談会を実施しています。
フォトウェディングと挙式の違いを費用面やメリットなど多角的・客観的に比較するために、相談カウンターへぜひお越しください。

挙式とともに沖縄ロケーションを満喫し最高のフォトツアーができるチャペルを紹介

挙式だけでなくフォトウェディングも楽しみたい!
そんなふたりに、沖縄でも有数のロケーションを挙式の感動とウェディングドレスのままで体験できるフォトツアーが可能なチャペルをご紹介します。

アクアグレイス チャペル/沖縄本島

アクアグレイス チャペル/沖縄本島

ライトプラン
¥220,000~
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※挙式プランの内容と費用。シーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

『残波岬サンセットフォトツアー』でドラマティックな撮影時間を

隠れ家のように静かな読谷村・宇座ビーチに佇み、沖縄でも数少ないオーシャンフロントの独立型チャペルをもつ【アクアグレイス・チャペル】。ガラス張りの祭壇から海を一望できる贅沢な造りのゲストハウスです。「二人らしさを自由に彩る」をコンセプトに、装花・デコレーション・料理・演出・アイテムを自由に組み合わせた二人だけの結婚式を創ることができます。
チャペルからほど近い残波岬は沖縄本島で夕陽が最後に沈む場所として知られ、サンセットの絶景スポットとして写真愛好家の間でも有名な場所です。
アクアグレイスチャペルでの挙式後にふたりで撮影する『残波岬サンセットフォトツアー』は、時間とともに太陽が落ちて情景が変わっていく空の下、ドラマティックな撮影と想い出を残すことができます。

古宇利島 空と海の教会/沖縄本島

古宇利島 空と海の教会/沖縄本島

ライトプラン
¥190,000~(税込)
プランに含まれるもの
教会(または施設)使用料
牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
介添え(挙式会場にて)
結婚証明書(法的な効力はありません)
生花ブーケ&ブートニア
リングピロー(レンタル)
※挙式プランの内容と費用。シーズンによって異なります。詳しくは式場ページでご確認ください

『古宇利大橋オープンカー フォトツアー』で特別な撮影体験を

沖縄本島から『古宇利大橋』でつながっているため、車で行ける離島にある【古宇利島 空と海の教会】は、絶景を見渡すガーデンに佇む白亜の美しいチャペルです。 沖縄版アダムとイブの伝説が残るこの島には、沖縄でも有数の透明度を誇る美しいビーチと、手つかずの貴重な自然が広がります。
挙式当日、宿泊先のホテルからオープンカーで送迎し、古宇利大橋のトップポイントから見える美しい海の絶景で撮影を楽しむ『オープンカー フォトツアー』は、ここでしか体験できない特別なオプション。古宇利大橋を走ったオープンカーと共にドレス姿での撮影が可能です。

WEB予約専用の格安プラン【EASY by WATABE WEDDING】ならもっとお得に!準備・お申込みを全てWEB上でおこなうので通常の挙式より格安に叶えられます!

MAP沖縄・本島のマップ

カレンダー

雄大な自然をカラダ全体で感じられる沖縄本島

息を呑むほど美しいビーチや、ドライブに最適な絶景スポットも多数点在する沖縄本島。
世界遺産にも登録されている首里城をはじめとする琉球王国の史跡などを巡ればちょっとしたタイムスリップ気分に。

INFORMATION沖縄・本島の基本情報

日本からのアクセス

東京から那覇まで約2時間40分
大阪から那覇まで約2時間

旅行日程目安

2泊3日

気候・ベストシーズン

4~10月

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

WEDDING SCHEDULEウェディングスケジュール

※挙式日のスケジュールは会場により変わる場合があります。

DAY1 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(1枚目)

現地到着

現地に到着されたら、ホテルでゆっくり過ごしたり、フリータイムを楽しんで。
挙式に備えて体調を万全に整えましょう。
※お申込みの内容により、前日にご来店いただく場合がございます

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(2枚目)

挙式

永遠の愛を誓うセレモニー。ゲストとの記念撮影も特別なものに。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(3枚目)

フォトツアー

フォトグラファーが沖縄の自然に映える表情を撮影します。

DAY2 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(4枚目)

ウェディングパーティ

リゾートならではの絶景と美味しい料理を満喫するパーティを。

DAY3 沖縄の結婚式・挙式のウェディング
                    スケジュール(5枚目)

自由行動

優雅なホテルステイを楽しんだり、観光やショッピングに出かけたり、沖縄旅を満喫!

AFTER WEDDINGアフターウェディング

沖縄観光のマストスポット

  • 写真:美ら海水族館
    美ら海水族館

    世界最大級の水槽「黒潮の海」には、ジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、カラフルな熱帯魚を多数展示。

  • 写真:沖縄の世界遺産
    沖縄の世界遺産

    沖縄の世界遺産は9つ。有名な首里城や今帰仁城、中城城など琉球王国のグスク及び城跡が歴史を物語る。2日以上かけてじっくり巡ろう。

  • 写真:沖縄アンフード
    美浜アメリカンビレッジ

    北谷町にある大型シーサイドリゾートタウン。広大な敷地には商業施設やアミューズメント施設が充実。

沖縄本島で遊ぼう!

  • 写真:那覇国際通り
    那覇国際通り

    お土産探しや屋台村グルメ、南国の食材が集まる市場などにも近い大人気エリア。

  • 写真:琉球村
    琉球村

    懐かしさを感じる赤瓦の琉球古民家が立ち並ぶ村を再現したテーマパーク。伝統舞踊エイサーは鑑賞だけでなく、一緒に踊って楽しむことも。

  • 写真:ティーヌ浜
    ティーヌ浜

    エメラルドグリーンの海に架かる橋を渡り古宇利島へドライブ。夕陽の絶景ポイントとしても人気。

WEDDING REPORT先輩カップルの挙式レポート

  • 写真:沖縄・本島
    自分達がやりたいと思った事をしたら、ゲストの方もよろこんでもらえると思います。
    (Y&A様ご夫婦)

    海が好きだったので、ビーチが近く海が見えるアクアグレイス・チャペルを選びました。ドレスや挙式の雰囲気に合わせ、小物を用意するのが大変でしたが、ブルーで統一が出来たので、写真撮影も楽しかったです。

  • 写真:沖縄・本島
    沖縄の海にあこがれて、リゾートウェディングを選びました。
    (T&S様ご夫婦)

    色が変えられるチャペルがすごく印象的で、海に近いチャペルでビーチ撮影もあったのが決め手でした。リゾート婚に詳しい方が多かったのと、打ち合わせの時に親切に対応して頂けたのが嬉しかったです。突然の妊娠でドレスなど悩みましたが、いろいろ対応して頂けて、無事に好きなドレスが着れました!

-RESERVATION-

先輩カップルの挙式を店舗でもっと見る

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

ABOUT WATABE
WEDDINGワタベウェディングだからできること

WEDDING CONCIERGEウェディングコンシェルジュ

沖縄の最新トレンドや観光情報などを熟知したウェディングコンシェルジュが、おふたりの沖縄ウェディングをトータルにご提案し、サポート致します。

  • 写真:岡田 麻衣
  • 写真:関口 真理
  • 写真:佐藤 華夏
  • 写真:細谷 香織
  • 写真:川原 規子
  • 写真:相川 聖友
CHAPEL挙式会場

ワタベウェディングはチャペル・式場数の取り扱いが多く、多彩なウェディングスタイルをご用意しております。
おふたりにぴったりのウェディングプランをご案内いたします。

横スクロールしてご覧ください

沖縄の結婚式・挙式のウェディングスタイル

TOTAL SUPPORTトータルプロデュース

リゾートウェディング60万組以上の実績で、おふたりのウェディングをトータルプロデュースいたします。
挙式から衣裳、旅行、帰国後パーティまでお任せください。

  • トータルプロデュース(ウェディング)

    ウェディング

    全国の店舗で申込OK!
    60万組以上のお客様のリゾ婚を
    お手伝いしてきました。

  • トータルプロデュース(ハネムーン)

    ハネムーン

    挙式エリアの知識が豊富で、
    旅行の一括手配も可能です。
    (一部店舗を除く)

  • トータルプロデュース(衣裳)

    衣裳

    ドレスはもちろんタキシードも
    バリエーションが豊富。
    ブランドコラボレーションドレスも人気です。

  • トータルプロデュース(お披露目パーティ)

    お披露目パーティ

    お披露目パーティもお任せください。
    会費制プランで多彩な会場から
    お選びいただけます。

  • トータルプロデュース(前撮り・後撮り)

    前撮り・後撮り

    前撮り・後撮りから、結婚式代わりのフォトウェディングまで、
    様々なスタイルでの撮影が叶うスタジオがあります。

  • トータルプロデュース(ウェディングフォト)

    ウェディング
    フォト

    リゾートや海外ならではの
    ロケーションで写真を残せるのも
    リゾ婚の魅力です。

-RESERVATION-

沖縄のリゾ婚を相談する

沖縄の挙式からハネムーンまで
トータルにご相談いただけます。
まずはお気軽にご相談してみませんか?

CONTENTSコンテンツ